★しらとり台第一の収穫祭の写真を追加しまいた。(2006.12.26)
当日のメインメニューは@餅つき(あんこ、きなこ、なっとう、からみ)、Aチャンチャ焼き、Bジンギスカンでした。食べきれるかと心配しましたが、完食!写真提供は金子さん。
手前右がジンギスカン ストーブの上で
5分で売り切れました


★収穫祭シーズンが終了しました(2006.12.21)
16日で収穫祭が終わりました。幹事さんご苦労様でした。でも、畑のイベントはまだ終わらないようです。長津田第一としらとり台第一は大晦日に年越しそばをうつそうです(しらとり台は年明けに故郷のお雑煮の会もやるそうです)。

青葉区しらとり台第一(12月9日、曇りのち雨雨)
先ず、木原さんの差し入れの大根の甘酢漬けが大人気でした。簡単に作れて歯ごたえも良く極めて美味。挑戦してください。
レシピ提供は木原さんの奥さま。
材 料 大根6kgに対して(3kgなら半分でOK)
@砂糖 1kg、A酒 1合、B酢 1合、C塩 1合、D 昆布・柚子の皮 適宜
作り方 @大根の皮をむいて、縦に2つに割る
A容器に大根を入れ、調味料を全部入れる
B一晩おくと、大根がひたひたになるくらい水が出るので、底にたまった砂糖などをよくかき混ぜ、
昆布と柚子の皮を入れる
C2〜3日で食べごろになります。冷蔵庫に入れておけば、2〜3週間は食べられます。


宴会の最長時間を更新したそうです(終了時間22:00)。カメラマン不在で途中経過の写真がありませんので、『りんご皮むき大会』のみご紹介します。

大分いい気分になり はじめは立って 切れないように
真剣そのもの 判定はミリ単位 優勝は三部さん
大きいお札は特別出演

長津田第一(12月16日)
休憩所の修理も終わり、久しぶりに皆さんが集いました。小松さんお疲れ様でした。ここはドミタス・ファームの第一号、もう7年目になりましたが相変わらず皆さん【若い!!】。写真は山村さんの提供です。
鈴木さんの差し入れの
餅米10kg
今年は若手も増えました 休憩所の中で


★収穫祭の記念写真(2006.12.04)
収穫祭もあと2週で終わる予定です。皆さんの笑顔をどうぞ。しらとり台第二の模様は『ハタケンポ』でご覧ください。
緑区長津田第三(11月25日)
30人以上が集結 調理も大変でした テーブルは竹を柱にコン
パネを乗せました
余興は輪投げ

青葉区さつきが丘第一(12月2日)
 ねぎが嫌いな人のために特別メニューを作らされました。。。いくつになってもわがままがぬけません。誰でしょう?
正午ジャストの乾杯 またやりましょう!

おまけのスナップ2点
Mさんのシュンギク
新しい方が増えました。
肥料は均等にまきましょう
溶接を30年ぶりに挑戦す
る溝口さん
ストーブの上の鉄板を加
工しています



★花好人間、必見! 皇帝ダリア(2006.11.17)
ま〜ビックリしました。しらとり台第一隣の『虹のハーブガーデン』に高さ3mほどの木にピンクの花がいっぱい咲いているではありませんか。まるでお祭りの造花のようでした。中に入ってみると根元に『皇帝ダリア』の札がありました。大船の植物園から買い求めてきたもので、まさかこれほど大きくなるとは思っていなかったそうです。週末までは見られそうです。
詳しくはこのHPもご覧ください

比較のため
特別出演


★畑のスナップ(2006.11.14)
初物の収穫は楽しみですが、それも畑で最初の収穫なら格別です。
長津田第一江口さん 同市川さん
娘さんが野菜の雑誌に載ったので現地視察にこられた相澤さんのご両親(中央)。
長津田第二の
渡辺さん
奥様主導の下
出来栄えは一番!
向丘遊園からきた
衣笠さん


★堆肥の運搬サービスは終了します。(2006.1114)
11日は強い雨や風にもかかわらず成松さんが合羽を着てがんばりました。本日はさつきが丘の桜木さんたち4名が1100kgを運びました。重さの割には量が多かったみたい。金曜日は長津田第一の日名子さんたちが1500kgに挑戦します。あと1名の予約があり、堆肥の無料運搬は終わります。
これからは、
1、トラック使用の場合:無料で貸し出します。
2、自分でもらいに行く場合:@10kgの袋は158円にて販売中。Aばら(10kgで42円)の場合は、トランクにブルーシートを広げ自分で入れ(スコップ等)、計量してもらい重量分のお金を払う。この方が絶対お得。この方法については未確認ですが、それほど忙しくないのでたぶんOK.。

【堆肥のプラント】
場所:ズーラシアの一番奥  緑のリサイクルプラント管理事務所(事業主:横浜市グリーン事業協同組合) 電話045-958-3028
【米ぬかの入手先】
@米の新農:246号を藤が丘から市ヶ尾方面に行く下り坂の途中、小さいマンションの手前の角。だいたいあります。米袋に入って250円。
Aお米のますやま:環状4号線を十日市場方面から。ビッグヨウサン(食品スーパー)の信号右折。突き当たり右折2軒目。1袋150円。いつもあるとは限りません。要予約045-922-0601


★豊作を目指して、5,700kg(2006.11.08)
横浜市のプラントで生産(?)された堆肥(商品名:はまっこユーキ)が今週末で6トンほど、ドミタスの畑に運ばれます。昨日は瀬谷区阿久和の佐川さんが850kg運びました。佐川さんは標準区画の3倍の面積をやっていますが、少し足りなかったとのご感想。週末は滝口さん(さつきが丘第一、長津田第二)、成松さん(霧が丘第一)が挑戦されます。
これで累計 750+1000+1100+850+1000+1000=5700となります。

以下は10月26日に掲示板に書き込んだ内容です。
1トンで4200円という堆肥を見つけました。体積はざっと2.5立米。
この堆肥の名前は『はまっこユーキ』。市内の街路樹などの剪定枝や刈草を原料にした堆肥で、ズーラシア動物園に隣接したプラントで作っています。横浜市謹製のありがたい堆肥です。価格は10kg詰めの袋が158円。バラでは10kgで42円です。
これを1トン(ドミタスのトラック1台分)、菜園の区画に入れならしたら3cmほどはありそうです。
会員の皆さんには、『畑は道楽だから道楽には金をかけるべし。1回飲んだつもりで堆肥を余分に入れてください。』とお話させていただいていましたが、この堆肥はまさにそれ!
肥料分が少ないので、トラックの荷台にある堆肥の上に米ぬかを4〜5袋分まき、切り崩しながら一輪車に積めば自動的に混ざります。区画に空きがなければ畝間に敷きこみます。そして4月頃に耕運機をかければOKです。
もう1つ。ポリマルチの代わりに使えば尚結構。挑戦してみてください。
先着10名(1菜園3名まで)に限り無料で畑まで運搬します。(11月8日現在、残り2名です)


★収穫祭のご案内
(2006.11.07)
収穫祭を予定している菜園と日程です。詳細は現地の掲示板をご覧ください。
青葉区しらとり台第二  11月4日(土)終了
緑区長津田第三     11月25日(土)
青葉区しらとり台第一  12月9日(土) 
緑区長津田第一     12月16日(土)
コンニャク作り講習会  日程未定


★長津田第三 恒例の収穫祭(2006.11.07)
長津田第三はドミタス・ファームの中でもっとも会員数が多い菜園です。まとまりも良く、イベント等の参加割合も一番です。以下は収穫祭のご案内です。幹事の中川さんへのメールは掲示板経由でお願いします。

ドミタス長津田第3ファームの恒例収穫祭を以下の通り開催します。会員並びに関係者の方々のご参加をお待ちしております。

開催日時:11月25日(土)10:30〜14:00頃までを予定(少雨決行ですが、万一開催不能の時は翌26日(日)同時間開催とします。)
開催場所:ドミタス長津田第3ファーム内
会費:1,000円/名(酒類は希望者のみ別途お代を頂きます。尚、現物差入れの方はこれに換えさせて頂きます。)
●飲酒される方はマイカーの運転は厳禁です!
◎マイ畑の作物をご提供下さい。(里芋・さつま芋・大根・人参・白菜・等々歓迎)
◎輪投げゲームを予定(参加費200円)。参加者による上位3名で賞品争奪戦)
◎他に良いアイデアがあれば中川までお知らせ下さい



★〆て4950円。1トンの堆肥と米ぬか。豊作間違いなし!
(2006.11.06)
HPの掲示板を見て、申込第一号の佐藤(しらとり台第一)さんが堆肥を畑に入れました。バラの堆肥(はまっこユーキ)をトラックに1トン。市のプラントでホイールローダーでトラックの荷台に山積み、あおりからあふれそうなのを上からギュッと押し付けてもらいました。この上に米ぬかを3袋まき、フォークで一輪車にのせかえます。いい具合に堆肥と米ぬかが混ざります。
作業時間は昼食を挟んで4時間ほどかかりました。一輪車で50回運びました。お疲れ様でした。佐藤さんの区画は2つ、畝間にたっぷり入れても入れても余りました。小さめの堆肥袋で100袋分です。1区画なら250kgくらいが適量と思います。
明日(7日)は阿久和南の佐川さんが挑戦します。がんばってください。
堆肥のプラントはズーラシア(動物園)の奥です。1袋(10kg)158円、バラは10kg42円で販売中です。

フオークで山を切りくずすと良く混ざります。


★横浜でグレープフルーツがなる??(2006.11.02)
アメリカのフロリダやカリフォルニア収穫され日本に輸入されているグレープフルーツ。葡萄のように沢山実を着けることからこの名がついたそうです。
前回ご紹介したフルーツ・ファーム構想をまとめる作業の一環として、果樹の選定作業をしています。当地ではどのような果樹がなるか、調べているうちに見つけました。知り合いの庭にグレープフルーツが実を着けているではありませんか。

10年で樹高2.5m 実は小振り、直径8cm。

同じ庭にあったかんきつ類です。
しし柚子 レモン 日本のレモン? ボンタン 柚子
かんきつ類だけでのフルーツ・ファームもできそうですね。


★フルーツ・ファーム構想(2006.10.21)
ドミタスでは新企画として果を収穫できる『フルーツ・ファーム(仮称)』の事業化に向けて作業をしています。これは、区画の中に数類の果樹を植え、利用者は果樹の手入れをし時期折々にその実を収穫できるものです。桃栗3年、柿8年といいますが、今ではもっと早く収穫できる種類があり、植樹してから3年目くらいから収穫が始まります。ブルーベリー、さくらんぼ、柿、栗、みかん、イチジクなどなど、秋に限らず収穫が楽しめます。木が大きくなるまではその下で野菜作りも楽しめます。
現在、運営方法や栽培種類、税制面などの検討課題は沢山ありますが11月中にはお知らせできると思います。ご意見ご希望をお寄せください。



★ビューティカルテット登場!!4人で100歳チョッと。(2006.09.19)
菜園の雑誌『菜園王』の秋号にドミタス・ファームしらとり台第一・第二の女性会員の取材記事が掲載されました。
菜園仲間は3人寄れば200歳が常ですが、いや〜若くて美しく写っています。
野菜作り=団塊世代という認識がありますが、ドミタスでは団塊ジュニアの方も増えてきました。独身はまれですが、奥さん主導の若いご夫婦が楽しそうにやっています。誌面を見て【そこに引っ越したい】というおじさんが何人もいました(現在しらとり台第一、第二は空区画はありません)。雑誌は定価840円(税込み)、書店かアマゾンで注文してください。
長津田第一に女性3名が新たに仲間入りしました。皆さん初心者です。ご指導のほどよろしく。お土産もお願いします。



★菜園にお客様 (2006.09.19)
8月31日午前にしらとり台第一にお客様を迎えました。財団法人都市農山漁村交流活性化機構(略:まちむら交流きこう)の市民農園担当部会の皆様です。大学教授、行政のご担当、クラインガルテン・市民農園の先達の方々など8名ほど。ドミタス・ファームを始めた経緯や課題などをたずねられました。


★駅貼りポスター (2006.09.19)
長津田第一、第二の募集にポスターを作りました。田園都市線のつくし野、すずかけ台、南町田の駅に10日ほど掲示されます。関心がある方は現地においでいただくようにしました。案内は箱に入れてあります。


★優勝は端山さん。65kg!!(2006.08.27)
カボチャ選手権の速報です。端山さんが連覇、重量は昨年(39kg)より5割以上アップの64.8kg。先行した横田さんは残念ながら入賞ならず。現地に9月はじめまで展示しています。総重量約1000kg。
今年はカボチャも重くなり、運ぶのが一苦労でした。台秤に載せるのがこれまた大変、3人がかりでやっとでした。来年からはパワーショベルが必要になります。
写真は佐藤さんのHPをご覧ください。
【重量の部】
優勝:端山さん(しらとり台第一) 64.8kg、2位:梅村さん(霧が丘第一) 56.2kg、3位:岩井さん(北八朔第一) 47.1kg
【クイーンの部】
優勝:小松さん(長津田第一)、2位:西田さん(長津田第一)、3位:猪飼さん(しらとり台第二)
【総重量の部】
横田さん(北八朔第一) 142.4kg
審査結果はこちらから
猪飼さんはカボチャで夏休みの宿題を完成させました。皆さんも作ってもらいましょう!


★カボチャ選手権審査会にお寄りください。
(2006.08.23)
第2回カボチャ選手権の審査会は26日10時から始まります。会場は環状4号線とこどもの国通りが交差する角(信号の名前は『下台』です。審査内容は重量と姿の2部門です。昨年は40キロ弱でしたが、今年は70キロに迫るのではと期待しています。
審査、表彰の後は、しらとり台第一に移動し懇親会をします。懇親会は会費1000円、大会参加者以外の方は事前にご一報ください。お待ちしています。


★カボチャ審査会の準備
(2006.08.18)
26日の審査会の準備を20日(日)、10:00〜11:30に行いますので時間のある方はお手伝いください。内容:草刈、看板の製作・設置、展示棚の設置等



★梅村、岩井追い上げ無理か!3着が混戦。(2006.08.13)
審査日まであと2週間となりました。追い上げが期待されていた梅村さん、岩井さんのカボチャがイマイチ太りません。端山さん横田さんの次が。第4コーナーからの急追を期待された(心配された?)梅村さん、岩井さんのカボチャは暑さのせいか昼寝状態。3着に滑り込むのは小松さんかも。
トップ争いは日除け次第。完熟して割れませんように。

横田4兄弟。
総重量で審査を希望
いまさら無理無理
端山1号。
100均のシートの
日除けで大丈夫?
梅村1号。
筋肉質だが夏バテか
岩井1号。
初挑戦だがツルも
葉っぱも消えた!



★休憩所増改築竣工祝い(2006.0808)
という、長いタイトルのイベントが8月6日に長津田第三で開催されました。屋根の勾配が少なく雨漏れが起きていた休憩所を改装し面積も広くしました。経験豊かな現地の職人さんが10日ほどかけて完成し、暑気払いをかねての竣工祝いです。突然ですがこの菜園のイベントは女性の参加者が多いのが特徴(売り?)です。少ないときでも3割は。。。(ほとんどダーリン同伴です。為念)
バーベキュー、サンドイッチ、カツオのたたき、乾き物等々食材はいっぱい。最後にうどんが出てきました。群馬産の地粉を使い、最後にオギノ式の製麺機で仕上げたうどんは極めて美味。2升ほどの粉からできたうどんは売れ切れてしまいました。

テーブルには10人くらいは座れそうです。
機械は小野式製麺機(現在は生産中止)、ヤフオクで35000円してました。
細切の部分はシュレッダーみたい、小さい頃新聞紙を切って遊びました。


★ランチも美味、カボチャ選手権 観察会(2007.07.30)
カボチャ選手権の『生育状況観察会』のひとコマです。今回のメニューはサンドイッチです。北八朔第一の阿部さんに今回(昨年は秋刀魚のお刺身)もご尽力いただきました。フランスパン、コッペパン、食パンに各自好きな食材を挟んで作る、お好みサンドです。食材はといいますと。トマト、キュウリ、レタス、タマネギ(さらし)、タマネギ(炒めた)、キャベツ(千切り)、ピックルス、ハム、ベーコン、ウインナ、ツナなどなど。
皆さんお好みで食事のDIY(Do it yourself)を楽しみました。中央は普段パンは食べないといっていた結城さん、右は高原さんの○○姉妹風サンド。
大好評でした。フランスパンにマスタード、ハムを乗せるだけで美味しいサンド。涼しくなったら試してみませんか。

観察会は直前に日程が変更になったため参加者は少なめでしたが、これない人のカボチャもひねくれずがんばっていました。筆頭は岩井さん、ラグビーボールが今は富山のスイカを超えて成長し続けています。そして区画番号1番の梅村さん。新しい実がドーント40cm、葉は病気もなく緑一色、あなどれません。

優勝予想(3連単)では、端山さん、横田さんを軸に梅村さん、岩井さんを前後に絡ませた(競馬のことはよく知りません)票が目立ちました。なぜこうなるかというと、第一回のときは実がなっていなかった人が3位に入賞したからです。

審査日は
8月26日(土)に早まりました。カボチャは生産者が持ち帰るほかは、希望される幼稚園などに差しあげます。ご希望の方は事前にドミタスまで。
優勝賞品はホンダの『こまめ』です。

小松さん 小松さん、石井さん 横田さん 端山さん
注1:端山さんのはアングルの
関係で実際以上に大きく見えて
います。
注2:結城さんに覆いかぶさっ
ているのはヒマワリ。種はお酒
のツマミしたいそうです。
高原さん 猪飼さん 結城さん


★カボチャ選手権、端山さん逆転か!(2006.07.26)
次の日曜日がカボチャ観察会です。七夕から20日ほど経過しましたが、やはり本命がジワジワ実力を発揮してきました。長雨のおかげで葉がうどん粉病になったり、受精した実が腐ってしまったりしています。梅村さんの区画は葉が生い茂り立派ですが30cmほどに成長した実が今日はなくなってしまっています。横田さんは葉がうどん粉病でほぼ全滅、4個もなっている実が灼熱の太陽光線に焼かれています。昨年優勝の端山さんは出遅れ気味でしたがでっかい実が2つ、生い茂る葉の陰で順調に成長しています。細長い実が大きくなっているのは初挑戦の岩井さん。さ、あと少し。がんばれ、がんばれ!!

横田さん 7日
26日
実が色づいてきました。色が濃くなると実太りはなくなります。昨年の方が色は鮮やかでした。
端山さん 7日
26日

岩井さん 26日


★ママ、パパと一緒も増えてきました。(2006.7.26)
ドミタス・ファームができてから6年近くなります。始めた頃は、小さいお子さんはたいていおじいちゃん、おばあちゃんに連れられて畑にきていました。ジジががんばってつくった芋やトマトやトウモロコシを収穫していました。
最近は若い方も野菜作りを始めるようになり、親子連れが目立つようになりました。
青山さん(右2人)
ママは農作業中
中谷さん 佐藤さん


★カボチャ選手権 観察会は30日(日)に変更(2006.07.18)
29日に予定していた生育状況観察会を都合により30日(日)に変更します。
10:00〜10:30 現地にて優勝者の予想、記念写真
11:00〜12:00 しらとり台第一、休憩所にて懇親会
横田さんのカボチャは昨年の優勝サイズを超えて独走中。ロケット型も順調。端山さんは追い上げ開始。オオグロとマキは戦列に加われるか。
最新の映像は佐藤さんのHPで。


★七夕のカボチャ、ロケットカボチャ出現。(2006.07.07)
カボチャ選手権の近況は佐藤さんのホームページ、猪飼さんのホームページにも写真が載っています。ぜひ見てください。
前回から1週間経ちました。あちこちで新生児が生まれています。ディフェンディングチャンピオンの端山さんにもようやく。猪飼さんのマキ(注)も実をつけました。結城さんのはまだ小さいのですが黄色が濃くなってきました。ミニカボチャと交配したのかな。最後は横田2号、とがっていますが色白です。直径25cmほどでまだこの白さ、巨大カボチャに変身すのるか?

横田さん 端山さん 猪飼さん
結城さん 横田2号ロケットタイプ
注:猪飼さんの苗には名前がついています(HPご参照)。WCサッカーの対ブラジル戦の日本のツウトップの名前をいただき左がオオグロ(大黒)右がマキ(巻)と命名したそうです。女性シンガーソングライターの名前ではないそうです。どうでもいいのですが。


★廣中さん優勝!第二回ドミタス釣りの会。(2006.07.07)
第二回ドミタス釣りの会は7月6日に開催、阿久和第一の廣中さんが29匹で優勝しました(船中9人で0〜33匹)。港へ向かう道中は薄曇りで風もそよ風程度でしたが、釣り場に着くと風は10m近く、波は3〜4mほど、大変な釣りになりました。途中からは雨までバシャバシャ。最後までお休みの方もいらっしゃいました。
最悪の状況でも会長の本橋さんは35cmサイズを先ず6匹ゲット、寝ている人と小生が0。その後浅場に移動し中型鯵をねらいました。ここでは南蛮漬けサイズから25cmくらいまで、一苛(同時に2匹)やトリプル(3匹)などもあり、数を伸ばしました。
優勝者の釣果当てクイズには4名から応募がありましたが、残念ながら当選者はありませんでした。
次回は10月頃を予定しています。


★プロのトマト畑。
北八朔第一近くの畑の様子です。広さ約1500u(450坪)ほどの畑にトマトが植付けられています。昨年は全面がトウモロコシ、今年はトマト。本数は優に2000本は超えているみたいです。とにかくビシッとしていて美しく、大きな実がいっぱいなっています。見ごたえ十分です。菜園の一畝だけでもこのようにできたらいいですね。(2006.07.01)




★太公望、募ります。釣バカ7名結集中。
次のとおり沖釣りを開催します。鍬を竿に持ち替えてがんばりましょう。(2006.06.25)

日 時:7月6日(木) 7:30出船、11:30沖あがり(午前船)
船 宿:鴨居大室港 五郎丸 
魚 種:鯵(大きいのは35cm以上あります、外道はサバ。多分)、ビシ釣り(130号)
参 考:五郎丸のホームページから。こういう時もあります。あくまで参考程度にしてください。ひどいときには
一匹5000円の鯵も釣れます。
一匹5000円もする高級な鯵が釣れるのかとのご質問がありました。
料亭で食べる以外そんなものはないと思います。上に書いた5000円の根拠は次のとおりです。
利用料÷釣果(匹)=5000円÷1匹=5000円  大きな声では言えませんが、たまに釣れます。
料 金:5000円(コマセ、アカタン付)
集 合:現地に7時までに集合してください。
申 込:メールか電話にて

参加者:2006.07.01日現在、7名
 鈴木さん(北八朔第一)、田中さん(長津田第三)、本橋さん(長津田第三)、廣中さん(阿久和第一)、石井さん(阿久和第一)、米沢さん(長津田第三)
 


★ライバル発見!
北八朔第一から東南に1kmほどの畑の中にデカカボチャ発見。現在のところ横田さんの倍の大きさです。道路からもよく見える場所にあり、カボチャ選手権の沽券にかかわる?皆さんがんばりましょう。
場所は港北ニュータウンの紳士服の青木から西に通じる、広いとおりの終点近くのバス停(瑞雲寺)の前。道路中央で地下鉄の工事をやっています。車を止めて見るにはバス停の手前を左折して駐車してください。(2006.06.29)


すでに40cm近い ドミタスのエース
横田1号、25cm超


★カボチャ選手権。横田さんリード!!
カボチャ選手権がスタートして早40日。大分差がついてきました。植えたときとほとんど変わらない(成長していない)ところもあれば、区画いっぱいにつるが延びているところまでさまざまです。
目下のところ横田さん(北八朔第一)がリード、直径20cmほどに成長しています。本人曰く、大きくなりすぎて審査までに割れてしまわないか心配。今年は種類も違うので大丈夫だと思います。このまま順調に行けば70kgくらいにはなるでしょう。
つるが立派なのは優勝の端山さん、これからの巻き返しに期待しましょう。(2006.06.25)

横田さん。鶏糞3袋、敷き藁も完璧! 端山さん。マルチが効果大。 下山。野球ボールほど。
愛情不足だぞ。イエローカード。


★菜園の仲間たち
夏野菜の収穫が始まりました。キュウリ、ナスが先行していますが、じきにトマトやトウモロコシがとれだします。ところどころにお化けキュウリが出現しています。
畑の皆さんの笑顔をどうぞ。(2006.06.25)

小河さん 山本さん 上松さん 堀内さん
霧が丘第一 霧が丘第一 霧が丘第一 北八朔第一


★快晴に恵まれた阿久和第一の懇親会
開園3年目を迎えた瀬谷区阿久和第一の懇親会は天候にも恵まれ楽しいひと時を過ごせました。だれもが雨で流れるだろうと予想していましたが、天気予報どおりの晴れ、ブルーシートが日除けにはやがわりしました。菜園それぞれに個性があり、イベントの運営もさまざまです。この菜園では女性軍が大活躍します。男性諸兄はとても大事にされ、機材を運び込めばあとはただ座って酒を飲んでいればいいのです。焼けた肉も、焼きそばも、そうめんも小分けしてテーブルに運んでくれました。
釣りの話も出ました。7月頃に2回目を計画しています。(2006.06.17)



★試してください。
定期購読している雑誌『現代農業』にこんな料理の話載っていました。簡単・美味です。

その1:トマトのワキ芽のてんぷら(6月号)。ほうっておくとすぐ伸びてしまうトマトのワキ芽。これを10cmくらいに切っててんぷらにします。トマトの香りはしませんが、さくさくしておいしいです。

その2:梅シロップ。青梅とその半分ほどの砂糖を炊飯器に入れ、保温でやく時間。これで梅シロップができちゃいます。1日ほどおけば梅のすっぱさも溶け出しておいしくいただけます。注意点は底に砂糖が沈殿することがあるので(1回しかやっていませんが)、よくかきまわすこと。(2006.06.11)



★トマトの達人のトマト
霧が丘第一の梅村さんはトマト栽培の達人(ドミタス・ファームで)です。すでに3段目まで実がなり、一番下はタマネギくらいになっています。近々に以前の記事(ドミタス菜園通信)を掲載しますので参考にしてください。(2006.06.08)


★まだケンカせず。
緑区霧が丘第一の藤本さんご夫妻。始めたばかりで、収穫まであと2週間くらい。仲良く手入れをされていました。畑で野菜作りが長くなるとしばしば起こる主導権争いには、まだまだご縁がないお二人です。(2006.06.08)


★瀬谷区阿久和第一の懇親会
開園3年目を迎えた瀬谷区阿久和第一では次のとおり懇親会を開催します。ふるってご参加ください。
日 時:6月17日(土) 10:00〜
会 費:1000円(子供無料)
申 込:現地の掲示板(休憩所内)か電話で幹事(佐川さん、案内ハガキに書いてあります)まで
(2006.06.08)



★小さいジャガイモは油で揚げて。
ジャガイモを収穫するときに困るのは小さすぎるやつ。とらないでおくと芽が出て邪魔になるし、食べるにも面倒くさい代物です。でも、これを油で揚げると結構いけます。小なべなら10分くらいで出来上がり、塩をかけて食べます。小さい子には特に好評です。(2006.06.03)



★芋苗は自前で。本格派登場!
写真をご覧ください。1m四方、高さ60cmの苗床です。長津田第三の松崎さんが自前でサツマイモの苗を作っています。暮れから集めた落ち葉、田んぼからもらってきた藁を使い、昔ながらの苗床を作りました。このくらい茂っていると100本以上の苗がとれました。(2006.06.03)


★カボチャ選手権 スタート!!
第2回カボチャ選手権がスタートしました。13日は雨のためしらとり台第一で懇親会と区画決めを行い、翌14日に会場で作業をしました。堆肥の代用と雑草除けを兼ねて、木のチップを10トンほど会場横に搬入してもらいました。当日は、苦土石灰を全体にまいた後、運搬車(キャタピラーのついた畑用のダンプ)でチップを運び、トラクターで耕運しました。その後、区画割をしました。今回は大きいカボチャが期待?されるので通路幅を2m確保し、パワーショベル(ユンボ)が通れるようにしました。無駄にならないよう願っています。
午前中で作業は完了し、昼からは苗の移植が始まりました。配布用の苗は一人4本。区画は3m×6mですが、苗を何本どこに植えるかも作戦の内。端に2本植える人、両端に1本づつ植える人、4本全部植える人。さまざまです。植えてから10日あまり経っていますが、ぼちぼち差が出始めています。
会場は環状4号線(青葉台と十日市場をむすぶバス通)とこどもの国通の交差点(下台)の角です。のぞいてみてください。区画の名簿は信号の反対側に掲示してあります。
猪飼さんのHP(ハタケンポ)、佐藤さんのHP(ノブさんですよ!)に詳しく載っています。ご覧ください。(2006.05.26)



★今年の筍はうまかった!!
今年も持田さん(北八朔第一の地主さん)のご好意に甘え、筍堀をさせていただきました。今年は昨年と比較にならないくらい沢山出ていました。掘り始めて20分くらいで、ガラ入れ袋(土嚢袋より大きい)がいっぱいになるほど。数も採れましたが、味が抜群。毎年食べさせてもらっていましたが、今年のは今までで一番おいしかったです。(2005.05.26)


★初物!
しらとり台第一の君島さんは3月後半に入会された新人?です。夏野菜の植え付けには時間があったので、コマツナ、ベカナ、シュンギクの種をまいてもらいました。このところの暖かさでグングン伸び、本日収穫となりました。美味しそうですね。
(2006.04.28)


★カボチャが発芽しました。
4月21日にポットにまいた種が発芽しました。種の入手が遅れたため、苗の配布は5月20日頃にまります。今回は区画面積も昨年の1.5倍と広くない、デカカボチャを育てやすくなりました。少し余裕があります。奮ってご参加ください。
(2006.04.17)


★美味しいかな? 遥ちゃん。
『美味しい野菜を子供に食べさせたい』と、しらとり台第二でスタートした中谷さん。最初にご主人と見えたときはまだおなかの中でした。夏に誕生、名前は遥ちゃん。現在9か月。
15日に両親と一緒に畑に来たのですが、お母さんたちは農作業、かまってもらえませんでした。でもお母さんの期待どおり野菜を食べています。カメラマンは猪飼さん。

(2006.04.17)


★苗の手当ては連休初めまでに。
いまホームセンターには野菜の苗があふれています。一昨年頃から、夏野菜の苗が店頭に並ぶのが早くなってきています。今年は3月終わり頃から出回っていました。そのせいか、連休明けにはどこのホームセンターでも在庫が少なくなっていたり、苗のコーナーがなくなったりしていました。しなびかけた苗を買わないように、早めに手当てしましょう。そして、植えるときは霜除け、風除けをしっかりしましょう。1株づつ養生するより畝全体をトンネル(ビニールあるいは不織布)掛けするのも効果的です。
(2006.04.16)



★雑誌 『ほんとうの時代』に取材記事掲載されました。
PHP研究所発行の月刊誌『ほんとうの時代』5月号にドミタス・ファームの取材記事が掲載されています。タイトルは、家庭菜園は50代から始める最適の趣味。サブは、市民農園は野菜作りに魅せられた男たちの社交場。3月にしらとり台第一で取材があり、当菜園会員の田中さん、佐藤さん、結城さん、青山さんと高原さん(しらとり台第二)のほうれんそう(特別出演)の写真が載っています。つなぎを着たデブも。
記事の内容は佐藤さんのホームページでご覧いただけます。
(2006.04.16)



★第2回 『カボチャ選手権』 参加者募集!
昨年は端山さんが優勝した『カボチャ選手権』。今年も開催します。今回のスポンサーは耕運機でお世話になっているホンダさなんです。募集要項は菜園に掲示します。端山さん
今回は100kgを目指し、恥ずかしくない作品を育てましょう。運営委員募集。
概要:@参加締め切り 5月7日 A募集人数 20名 B参加費 3,000円 C区画割(耕作開始) 5月13日 D種類 アトランティックジャイアント(苗で提供します) E審査日 9月2日
(2006.04.12)



★4か月振りの更新です。
昨年12月からHPの更新をさぼっていました。編集ソフトのトラブルか、文書を一行入力するのに20分以上かかってしまうほどで、年内はあきらめ。年明けからとは思いつつ、井戸掘りが難航して月末に。しばらく経つと、ついつい億劫になり4月になってしまいました。心を入れ替えガンバリマス。
井戸掘りは3か所、30m〜90m。大手町で菜園についての講演もさせていただきました。

しらとり台第二の収穫祭 今年もよく降りました
しらとり台第一 『ナガイモン』と笑ったのはもう昔 これでお花見終了



この画面の上へ