★もうじきお正月(2007.12.24)
あと1週間で今年も終わりですね。皆様の野菜の出来具合はいかがでしたか。ドミタスの菜園は3つ増え13か所になりました。来年にはもう1か所増える予定です。
【餅つき道具の貸し出し】16日に北八朔第一で餅つきをしました。以前にもやったことはありますが、今年は電気が引けたことを祝ってのものです。餅つきは噴かしたもち米を臼に移し、杵で煉るのが結構大変です。さらに杵で50回以上つく必要があります。

★ガソリンが減ったら連絡ください
(2007.12.12)
耕運機用のガソリンタンクが空っぽで、耕運機が動かないという連絡がよくあります。また、耕運機が動かないというものもしばしばあります。
お願いがあります。
@ガソリンタンクの残量が3分の1を割ったら連絡してください。3・4日以内で補給します。タンクの底に残っているガソリンにはごみや水が混入していることがあり故障の原因にもなります。
A耕運機の調子が悪くなったら、そのままにせずすぐに連絡してください。こっそり戻して知らんぷりという方がいます。次の人にも迷惑です。
Bガソリンの給油時に、燃料タンク内にゴミが入らぬよう注意してください。故障の原因のほとんどがゴミによるキャブレターの詰まりです。

下谷本第一の桜木さんの
堆肥作り。穴掘り2時間
北八朔第一の安部さん。
特大白菜の冬越し。

日曜日(16日)に北八朔第一で餅つきをします。休憩所に電気が入ったのでこれを記念して(口実に)行います。電動餅つき機で8割方ついて、仕上げを臼と杵でやります。北八朔の会員さんを優先しますが、ご希望の方はご一報ください。もち米3kgを前の晩から水につけたものを持参してください。会費1000円。


★夏場用には分けつネギを(2007.11.30)
参考書によるとネギは3cm間隔に植えると書いてありますが、近くの農家の話では1cm間隔で植えても問題ないようです。これだとドミタスの区画で1畝で300本以上入り、一冬は大丈夫です。それから、水はけが心配な場所では浅く植えたほうが成長が良いようです。
さて、4月頃になるとこのネギもトウダチして食べられなくなります。写真の【分けつネギ】ならばトウダチせず春夏に食べられます。夏に20cm間隔に1本づつ植えておくと春には20本ほどに増えます。ホームセンターではあまり見かけませんが、ある種苗店では1本80円だったとか。希望の方に差しあげます(会員1人5本、20人まで。メールにて)。
【実際にあった話】
@これを植えたSさんは、横から新しいのが出る度に収穫してしまい写真のように大きな株にならず、しばらくは1本のままでした。
ANさんからは分けつネギの種がないかと会う度に聞かれました。このネギはトウダチしないから種はないと言っても、なかなか理解してもらえませんでした。トウダチする分けつネギはあります。長ネギより1か月ほどトウダチが遅れるので、この間に出荷するそうです。
まだ細く頼りないですが、春にはしっかり一人前
これほど増える貯蓄法があれば(年利2000%)


★長津田第四、整備作業完了
(2007.11.23)
11月初めに開園予定だった長津田第四の整備作業がようやく完了しました。西側にある雑木林の木が伸びすぎて菜園の日照に悪影響があったため、10数メートルの椚(くぬぎ)を10本以上伐採しました。太いものでは直径30cm以上もあり、切り倒したときにはズドンと地面がゆれるほどでした。伐採した幹は重く、パワーショベル引き上げてから1mほどに切り分けました。これに椎茸の菌を打ち、3年後には美味しい椎茸がいっぱい採れるはずです。週末には農機具・耕運機も搬入します。
といっても、今から何を植えるのか?コマツナの種を蒔いて、ビニールトンネルをかければ2月末には収穫できますが。
休憩所
左が農機具用倉庫、
手前が駐車場
休憩所から菜園を見る 南方向の眺望
手前が第五予定地


★コマツナの花芽は美味しい
(2007.10.27)
10月初めに播いたコマツナは今がとりごろ。今ならもう一度播きたくなります。
でも、このコマツナを全部食べずに40cm間隔で4・5本残してください。虫に注意しながらたっぷり栄養を与えてやってください。残した株は大きくなって来春には根元がダイコンほどになります。3月になると花芽が出てきます。大きな株だと、いわゆる『菜花』が30個も付きます(脇芽を含め100本は見込めます)。つぼみだけでなく茎の方も柔らかく、オシタシにしても味噌汁の具にしても最高です。
春先は野菜が少ないとき、コマツナで早春の味覚を味わってみませんか。一株で『菜花』100本採れるなら、株の運用ではパフォーマンスも抜群!!
【おまけ】来年2月中旬には八景島(シーパラダイス)周辺にボートでワカメ採りに行きます。こちらのメカブはもっと美味しいです。直前に参加者を募集します。近年は不漁で漁獲量は3時間で60kgほどです。
この株が春には草丈1m近くなります。(長津田第三の中村さんの畑)


★しらとり台第二『秋の収穫祭』
(2007.10.23)
しらとり台第二の『秋の収穫祭』が11月3日、12時から開催されます。会費大人1000円、子供無料とのこと。メニューは今週末に相談するそうです。参加希望者は現地の掲示板に書き込んでください。


★タマネギ用マルチの活用法
(2007.10.23)
タマネギ用マルチは穴が15cm×15cm間隔で空いています。これはタマネギだけでなく葉物にも有効です。土の上に種を播く場合、雨滴がはねて葉の付け根に土が挟まり洗うのに苦労することがあります。タマネギ用マルチに播けばこの心配は無用です。ホウレンソウ、コマツナ、ミズナなどに有効です。種は1穴に5・6粒、間引きは不要です。、雑草が出やすい畑にも効果的です。チューリップの球根もこれを使えばなぜか草丈が揃います。
ドミタス・ファーム内で撮影したかったのですが、適当なのが見つからず近くの農家さんの畑で。
コマツナ ホウレンソウ(ピンボケ) ミズナ


★長津田第五、開園決定
(2007.10.23)
長津田第四の南側に新しく長津田第五の開園が決定しました。区画数は約20、こちらは平坦な畑です。11月以降に整備作業を開始し、利用開始は来春になります。長津田第四と休憩所は共用となり(場所は第四側)ますが、隣接する森の樹木の伐採作業を優先するため来春に完成します。
第三・第四・第五の給水用の井戸が完成しました。深さは94m、2週間かかりました。
長津田第四、左・中・右。周囲を森に囲まれた西に傾斜した菜園。右奥が第五。 井戸掃除のようす


★雑草は第二の『土壌汚染?』
(2007.10.14)
雑草というやつは、抜いても抜いても後から生えてきます。農薬を使うわけにも行かず、菜園の悩みの種です。一度畑に落ちた雑草の種は7年間以上も生きています。1株の雑草からは百や千以上の種ができます。生い茂った雑草を撤去しても、土の中には種がいっぱいあるわけです。毎年時期になれば生えてきます。これは土壌汚染です。
雑草を生やさないことは家庭菜園の第一歩です。これを守らない方が各菜園に1人や2人はいます。小さいときに抜けば良いものを、2・3週間放置するから草も大きくなり種も落ちます。仕事が忙しい、用事があるとか、さらには選挙で忙しいとか、理由はいろいろです。草が生い茂っていても野菜を収穫して帰ってしまう御仁もいます。こういう方は規則違反であり、菜園を利用する資格はありません。
イエローカード、レッドカードをビシビシ出して行きます。
注:上段の写真の雑草はなくなりました。ご苦労様でした。他の菜園でもかなり改善されてきました。HP効果?(2007.10.27)
9月半ばに茂った草を
抜き隅に積み上げた
1か月後には元もままに
芝生状態?
接する通路も責任範囲
自分だけ良ければか
悪党なカタバミ
花はきれいだが
右上のアップ
宿根性の雑草は『地獄から生えてくると』



★ニラが細くなってきたら(2007.10.09)
他の菜園からドミタス・ファームへ引っ越してきた方のお話。『種から始めたニラですが、初めは太かったのにだんだん細くなってきてしまいました。何か病気でしょうか?』。株を見ると本当に細く幅が2〜3oほどしかありませんでした。これは病気ではなく根詰りです。1か所に4〜5本を植えたニラは、その後どんどん増え続け3年も経つと直径20cmほどの大株になります。根が絡み合って葉が細くなってきます。大きくなった株を掘り起こし、4・5本づつ植え替えましょう。掘った株を地面にたたきつけるようにするとほぐしやすいです。ただし、元々葉が細い種類は細いなりです。
さて、収穫方法ですが、葉の部分だけを切る方が結構います。これではばらばらになるだけでなく、新しく生えてきた葉の先が枯れます。根元の白い部分を切ってください。
株分けがもったいないほどですが、
3年を目処に植え替えましょう。
これでは収穫まで3年は
かかります。
籾をすり鉢で玄米に
(長津田第三)


★雨の日は海の向こうの菜園でも(2007.09.30)
週末は連続して雨雨。野菜にとってはありがたい雨ですが、家に閉じ込められている皆さんにとって(奥方にとっても)は迷惑な話。こんなときにはユーチューブで外国の家庭菜園をのぞいてみましょう。言葉が解らなくても大丈夫です。画面の右の方の画像をスクロールして、気に入ったのをクリックしてみてください。
こちらから

★長津田第四 11月1日開園(2007.09.29)
長津田第四の役所への申請をしました。特定農地貸付法という法律による申請です。
面積は2,411u(約730坪)、区画数は42(面積約29u)です。設備は水道・農機具・耕運機・休憩所などです。隣接する雑木林の伐採があるため、休憩所の完成は来春になります。この関係で当初利用できる区画は30ほどになります。
募集資料は10月20日頃から、配布いたします。資料ご希望の方はメールかファックス(045-983-7158)にてご連絡ください。

【Back apace】ホームページでリンク先から戻るときに画面左上の【←】をクリックしますが、キーボードのBack space キーを押してもできることを発見しました。当たり前のことかも知れませんが、なかなか便利です。



★サトイモの花が咲きました(2007.09.24)
青葉区しらとり台第一の井上さんの畑で、サトイモが花を咲かせました。ドミタス・ファームの区画の半分以上でサトイモがされていますが、開業以来初めてです。サトイモの花が咲くと何が起こるのか?このサトイモの味はいかほどか?写真提供は佐藤さん(しらとり台第一)。


★『むかご』を食べる長いも
(2007.09.24)
緑区長津田第三の山口さんの畑では大きなむかごがなっています。むかごといえば大きくてもサクランボほどですが、これは子供のこぶし大ほどもあります。味も良いようです。泥だらけになって深い穴を掘るより、収穫はお手軽。宇宙イモとして売り出されているようです。こちら
この菜園におしゃれな虫除けネットを見つけましたので、これも。


★しらとり台第一 大収穫祭 10月7日開催(2007.09.19)
しらとり台第一の『大収穫祭』が10月7日(日)、10時より開催されます。参加希望は休憩所内の申込用紙にご記入くださいとのこと。
和気藹々の仲間たち。年内はこれ終わりではないでしょう。がんばれ!
詳細はこちらから


★緑区長津田第四 10月末開園予定。
(2007.09.16)
緑区長津田第三の近くに『緑区長津田第四』が10月末に開園することになりました。詳細はまだ未定ですが9月後半から井戸掘り(ボーリング)作業を始めます。ドミタス・ファームの12番目の菜園となります。
概要の発表は10月10日頃、募集受付は15日頃を予定しています。


★青葉区下谷本第一開園。 ご紹介します(2007.09.16)
連日30度オーバーの猛暑の中、整備作業を進めた下谷本第一がやっとオープンできました。9月になり台風や大雨が続き菜園が田んぼのようになり作業ができない日もありましたが、ぎりぎりセーフでした。
過酷な労働?の後に事務所に戻り、ネットの更新やパンフレットの作成、さらにポスターの作成はなかなか進みません。写真を撮りようにも重機があり、工具や資材がジャマで絵になりませんでした。皆さんにご紹介できるようになりました。

案内はこちらから
現地説明会:9月22〜24日 9:00〜12:00
内容:施設の説明・規約の説明、農機具の取扱説明、畝作り・種まき等
その他:秋・冬野菜の植え付け種まきの好期です。スタート希望の方は長靴の用意も。堆肥・石灰も現地で頒布します。
道路の路肩が広く
駐車しやすい
南方向を見る
水田の先には里山が
中央通路から北を見る
右は休憩所
奥はトイレ
休憩所は西向き
夏はニガウリの日除けが
野菜洗いが楽なシンク
イベントでも活躍します
農具洗い用の地流し
地下40mからの地下水
区画から15m以内にある
蛇口。黒いホイールには
ホースがかけるられます
休憩所裏の農機具置き場
右は農機具、左は耕運機

この画面の上へ


★技術屋さんの作った【モグラ脅しの風車】、一見の価値あり!(2007.08.31)
青葉区しらとり台第一の金子さんは蕎麦打ちの名人でドミタスの井戸掘りの師匠でもあります。8月25日のイベントでも美味しいお蕎麦を食べさせていただきました。
8月中旬、金子さんの畑でサイダーの缶で作った【モグラ脅しの風車】が10個ほど回り始めました。ペットボトルの風車はよく見ますが、金子流は微風でもカラカラ良く回りかつ耐久性もあり、モグラ退治の
新兵器になりそうです。
モグラの穴に悩まされている皆さん、金子さんのブログをよく読んでみてください。
作り方は こちらの DIYコーナーで
この画面の上へ




★青葉区下谷本第一 9月15日開園します。申込受付中!(2007.08.31)
7月中旬から整備作業を進めてきた【青葉区下谷本第一】は9月15日に開園の運びとなりました。整備作業はまだ残っていますが、開園日までには完了します。
この菜園は国道246号、東名高速横浜青葉インターから車で5分と交通の便に恵まれています。田園都市線藤が丘駅からバスで10分、停留所から5分(駅から徒歩20分、ただし荷物がないとき)と、電車での通園(?)も可能です。
自社で掘った深さ40mの井戸からは、夏冷たく冬暖かい水がジャンジャン出ます。8畳間大の休憩所はドミタス・ファームでももっとも大きいサイズで、休憩だけでなく収穫祭などのイベントでも大活躍すると思います。もちろん耕運機・農機具も完備しています。区画割りは(杭打ち、ロープ張り)は9月8日頃完了予定、どうしてもという方はこの頃から種まきができます。
この画面の上へ


★技術屋さんの作った【モグラ脅しの風車】、一見の価値あり!(2007.08.31)
青葉区しらとり台第一の金子さんは蕎麦打ちの名人でドミタスの井戸掘りの師匠でもあります。8月25日のイベントでも美味しいお蕎麦を食べさせていただきました。
8月中旬、金子さんの畑でサイダーの缶で作った【モグラ脅しの風車】が10個ほど回り始めました。ペットボトルの風車はよく見ますが、金子流は微風でもカラカラ良く回りかつ耐久性もあり、モグラ退治の
新兵器になりそうです。
モグラの穴に悩まされている皆さん、金子さんのブログをよく読んでみてください。
作り方は こちらの DIYコーナーで
この画面の上へ


★下谷本の水道管、延長は80m超。
(2008.08.18)
6時過ぎ、しらとり台第一には数名の方が収穫や作業に汗を流していました。早いですね〜。
下谷本の開園まで1か月を切り、やることばかり多く焦り気味です。もう、20日くらいかかりきりになっていますが、連日の猛暑・酷暑で大変。でも雨で中断されないだけましと考え踏ん張っています。でもメタボは一向に解消の気配がありません。
昨日は通路に沿って水道管の埋設をしました。これは利用される区画から20m以内で水を利用できるよう水道の蛇口を取り付けるものです。作業はパワーショベル(ユンボ)で地面を60cmほど掘削し、できた溝に水道管を敷き、蛇口を取り付ける管を立ち上げるものです。取り付ける蛇口は4か所ですが、溝の延長は80mほど。作業は2日以上かかります。
水が確保されている菜園でも、蛇口が1か所のみというところがほとんどですが、ドミタスが最初からこの形をとってきました。だから儲からないのか?募集開始は8月25日からです。
【お願い】
スイカ畑8月末で終了します。区画は雑草や資材を撤去して明け渡してください。放棄した場合の罰金は3000円です(後のイベントにも参加できません)。

この画面の上へ


★しらとり台の納涼会のご案内(2007.08.12)
前回のイベント名は?ですが、餃子だけでも200個以上食べてしまったそうです。皮を作る人と餡を詰める人が完全分業状態jになり、互いに相手の残り分量など考えずにやって、皮だけギョウザ、饅頭ギョウザなど珍品も多数あったそうです。

日 時:8月25日 10:00〜(終わるまで。前回17:00、前々回21:00)
会 場:ドミタス・ファーム 青葉区しらとり台第一
料 理:手打ちそば&餃子
参加料:大人 1000円(飲み物は各自持参)、子供は無料
歓 迎:しらとり台第二の皆さん、待ってまーす
申 込:8月22日、現地の掲示板に書き込み、ないしドミタスへメールください
天 候:少雨決行
その他:お好きな材料(餃子の餡に加えたい品やこれを味わって欲しいという逸品)も持参ください
この画面の上へ


★青葉区下谷本第一、休憩所が完成(2007.08.12)
整備作業を進めている『青葉区下谷本第一』の休憩所がほぼ完成しました。井戸用の電気の手配が意外に早く先週初めに完了しました。早速井戸ポンプを取り付け水が出るようになりました。今回は隣接する梨畑への給水も考慮し、水中ポンプを採用しました。水温は16度前後、冷たい水がじゃんじゃん出ます。休憩所は木造で、大きさは3.6m(2間)×3.6m、八帖間ほどの広さです。この裏に農機具置き場が幅1mほどおまけにつきます。柱を立てても炎天下、クーラーボックスの氷も水もすぐなくなりました。床を張り終えた後に、物置から90リトルの冷蔵庫を持ち込みました。ギンギンに冷えたお茶・ポカリ・紅茶で何とか屋根を葺き終えました。冷蔵庫は工事期間のみです。
応援隊のタケシさん 眺めは良いが。。 CAT製の年代もの 南方向の水田
今後の予定
現地看板掲示   8月15日頃
案内資料配布   8月25日頃
現地説明会     9月1〜2日(9:00〜10:00)
開園・技術ご指導 9月15日〜

資料請求はメールにて
この画面の上へ



★長津田第一にいると若返る!!。平均年齢は39歳。(2008.07.12)
長津田第一の納涼祭(7月28日)には約30名が参加。畑の野菜が入った焼きそばや、おしたし、てんぷら、さらに北海道厚岸から直送の岩牡蠣・ホタテ、さらにカツオ(出生地不明)まで。食べきれない料理は若手がお持ち帰りを無理にお願いするほどたっぷり。しかも美味!楽しいひと時を過ごせました。
それだけではありません、参加者の平均年齢が突然若返ったことです。昭和60年代はもうはたちですが、平成10年代に生まれた若きファーマーがいっぱい。まだ鍬やショベルは持てません、移植ゴテなら穴くらいは掘れる少年少女が、バテランメンバーの付き添いで参加されました。
子供さんが4人ご家族が2組もいらっしゃるのです!!


★イタ飯の食材は自家播きで。10種セット進呈。(2007.08.01)
秋にスイカ畑を会場に開催する『菜園カンバスプロジェクト』の後援をいただく西尾商店(種苗店)にお邪魔しました。専業農家御用達のお店ですが、数年来いろいろお世話になっています。

お店の一角に野菜の種の棚があり、ダイコン、にんじんといった定番の品種が並んでいました。そこにいつもより一回り大きな絵袋(種の袋をこういいます)がざっと30種ほど出現。よく見ると変な格好・色の野菜が印刷されていて、なにやら外国語が書いてあります。英語のようであり、フランス語のようであり、横にニョロ、下にニョロのロシア語のようであり、結局何だかわかりません。裏面に日本語の解説シールが貼ってありました。
社長いわく、最近この種の野菜を専業農家でも栽培するようになった。レストランなどの需要があるみたいで、店に並べておくと一般の人も買って行く。これからは人気がでるのではないか。

そこで、日本語の解説を読みながら、これから播けそうなものを10種類ほど購入してきました。これを好奇心豊かな、ドミタス・ファーマーに挑戦していただこうと考えました。先着15名です。ただし、小分けの作業もお願いします。
申し込みはメールにて(先着15名)
ドミタス・ファームで一番初めに西洋野菜を栽培したのは北八朔第一の神山さんでした。カラフルなスイスチャーブ、これ食べれるの?でした。

写真をクリックしてください。栽培方法などが見れます。
アスパラガスチコリー・
ブンタレッタ
リーフチコリー・ヴエネト リーフチコリー・ロッサ3 リーフチコリー
カステルフランコ
リーフチコリー・
トレヴィーゾ2
リーフチコリー
(ラヂイシュロッソ)
トレヴィーゾ2
エンダイブ・ロマネスカ エンダイブ・クオーレ エンダイブ・ボルドー イタリアンパセリ
写真は輸入販売元のナチュラル・ハーベスト有限会社様のご好意により同社のホームページより転載させていただきました。
この画面の上へ


★畑は『西』
に軍配!!。スイカは別格ですね。(2007.08.01)
7月29日にスイカ畑の収穫祭?ありました。30度を超える陽気のせいか、引きこもりの方も多くいたみたいです。この畑で2年間大きなカボチャ作りを競う『カボチャ選手権』を開催してきました。飽きたという声も多く、今年はスイカに変更、各自勝手に作って勝手に収穫することにしました。定員20名のところ、希望者が多く30名に変更、さらにおまけがあり31名となりました。苗がネキリムシにやられたり、ホームセンター(10本ほどが全滅、名前は伏せます)の苗が生育不良だったり、話題は豊富でした。

菜園の区画内ではなかなか場所が取れないスイカなので、皆さん気合いが入っていました。7月に入るとこだまスイカから収穫が始まり、後半には大玉も採れ始め8kgを超えるものが実っていました。果肉がピンクのスイカやボコボコスイカもあったようですがこれはご愛嬌。家族やお友達からも大好評だったようです。ヘルスメーターも活躍しました。メタボ君にとってはメモリが。。。。
小さいお子さんのいるご家庭では『スイカ割り』をされたようです。昔はやりましたね、すっかり忘れていました。
皆さんのHP、ブログもご覧ください。


写真は佐藤さん(しらとり台第一)提供



皆さんから届いた写真


佐藤さん
(しらとり台第一)

猪飼さん
(しらとり台第二)
佐藤さん
(しらとり台第二)
高原さん
(しらとり台第二)
井上さん
(しらとり台第一)

この画面の上へ


Show Time!は27日28日(2007.07.27)
昨日、青葉区下谷本第一の井戸掘りが終わりました。深さは38.5m、22mから38.5mまで砂層で、水量は大丈夫だと思います。
本日午前中に機材の片付けを行い、午後と明日の午前に井戸の掃除をします。これは、地中に埋めた管の中にコンプレッサーで空気を送り込み、中にたまっている泥水を吹き上げるものです。初めは砂交じりのどろどろの水、3時間ほどすると濁りもとれてきれいな水に変わってきます。
現場は障害物がないので、思い切り吹き上げてみます。10mくらいは飛ぶかな。
暇と興味のある方はおいでください。地図はこちら
井戸の掃除は無事完了しました。地上に出てきた砂は200リットルほど。細かくきれいな砂です、欲しい方はお持ち帰りください。
当日の模様は『ハタケンポ』さんのブログをご覧ください。(07.07.29)
この画面の上へ



★花の命は短くて。。。(2007.07.23)
畑(菜園)で花を栽培する方はまだ少数派です。開花時期が短いのでスナップがなかなか撮れません。しらとり台第一の結城さんはドミタス・ファーム開園直後からの長老?で、利用区画の4分の1は(全4区画)がお花畑になっていて、年間で20種類を超える花を栽培されています。休憩所や入口の周辺にも植えていただき四季折々、素敵なお花を楽しませていただいています。楽しみは『皇帝ダリア』、現在草丈1.5m、暮には4mほどになる予定。楽しみです。
(持ち運びに)カサバランカ?
(正=カサブランカ)

朝 顔 皇帝ダリア 皇帝ダリアの花
この画面の上へ



★『青葉区下谷本第一』と命名(2007.07.23)
しらとり台第二のハタケンポさんから奪ったスイカを堪能させていただきました。黒皮のスイカはシマシマより実がしまっていて大変美味しかったです。これで元気をもらって、新しい菜園の整備作業を続行。この菜園の名称を『青葉区下谷本第一』とします。

パワーショベルでかき寄せた雑草(高さ60cmほどの山脈)を、平行して掘った穴の中に埋め込む作業が8割がた完了。午後からトラクターを持ち込み耕運を開始。パワーショベルが移動した後は土が硬くなっていて、低速でもローターが苦戦。トラクターの椅子もクッションがヘタっていて、下からゴツゴツ突き上げられお尻は悲鳴をあげていました。トラクターの操縦法は船と似ています。土の高低や固さにより直進することが結構難しいのです。前輪の向きなど目先ばかりに気をとられていて、後ろを振り返るとどうしてこうなったかと思うほど”蛇行”してしまいます。目先にとらわれずに、先の一点を目標にハンドルを操作すると真直ぐに耕運することができます。船も波や風に影響されますが、目標物をしっかりもっていると航跡はきれいな直線になります。練習希望の方は現地においでください。地図は後日掲載します。

いよいよ、明日から井戸掘り機械の搬入と設置を行います。ボーリング作業は25日から開始、作業日程はうまく行けば3日ほど。掘った穴に塩ビパイプを挿入し、コンプレッサーで井戸の掃除をします。この作業では泥水が10m以上吹き上がり、一見の価値あり。更新の余裕があれば時間をお知らせします。

開園の申請も横浜市との協定書締結の段になりました。地主さんの押印のあと、農業委員会への許可申請となります。
北西の角から
端まで70m弱
区画割計画図 Show Time!
井戸掘りの楽しみ
ここにあり!
この画面の上へ


★新しい菜園の進行状況
(2007.07.17)
本日、役所に開園の申請書を提出してきました。特定農地貸付法に基づく申請ですが、事業内容や区画割、地図、公図、登記簿謄本などを添付したものです。
先週中、1.5mほどに延びた雑草をパワーショベルで根を抜き、穴を掘りそこに埋める、いわば雑草の片付け作業をしました。雨に追われての作業でしたが、3分の1ほどやり残しています。今週は残りをやっつけ、来週から井戸のボーリングを始めます。30〜50m位で大丈夫と思いますが、確かなところやってみなければわかりません。その後に休憩所の建築となります。今回は木造の切妻と考えていますが、皆さんのアドバイスを取り入れより良いものを目指しています。
前面道路、右手が菜園 菜園、奥が梨畑 トラ刈り状態ですが
地面が見えます
この画面の上へ


★スイカの写真を送ってください。
(2007.07.17)
スイカ畑も収穫が始まりました。実がいっぱいなって毎日スイカばかりとは、第三の中川さんの弁。
スイカで出来具合、食べているところ、などなど自慢の写真をメールで送ってください。月末に一挙掲載します。参加者が31人もいるんですから20枚以上期待しています。
これは我が家の食卓のスイカです。この切り方は【ドミタス流?】、片手でつまめて一口で食べられるすぐれものです。方法は4割を横に半分にした後、尖っているところから包丁を入れます。端の方は皮が3角になりますが、次から4角になるようにします。そばに皮入用のお皿があれば、パク・ポイ、パク・ポイの調子で行けます。そういえば小生の好物は、スイカと柿です。
この画面の上へ


★耕運機は30分以内で。(2007.07.15)
6月末の日曜日の話。菜園で耕運機が空くのを待っていたのに、1時間以上待っても先の人の作業が終わらない。自分以外の人も待っていたのだが、待ちくたびれた帰ってしまった。どうしたのか、区画に未に行くと耕運機は一人でトコトコ動いていたが、区画の利用者の姿は見えない。こんなバカな!耕運機はクラッチを紐で固定されたまま、動いていたのでした。
耕運機の自動運転なんてとんでもない。当然禁止です。また、他の会員さんのいるので利用時間は30分までとします。
この画面の上へ


★長津田第一の納涼祭は28日。(2007.07.15)
長津田第一の納涼祭が次のとおり開催されます。会員のみなさんには案内を発送しました。ふるってご参加ください。
日 時:7月28日(土) 11:00〜13:00、雨天の場合は8月4日(土)に延期
会 場:ドミタス・ファーム 緑区長津田第一
会 費:大人 ビール付 1500円、ビール無 1200円、子供 200円
幹 事:小松さん(代表)
この画面の上へ


★新しい菜園がオープンします。
(2007.07.08)
ドミタス・ファームで11番目の菜園が秋にオープンします。場所は東名高速横浜青葉インターの近く。菜園の整備作業を7月中旬から開始します。利用区画が約45区画、休憩所・水道・トイレ・農機具・耕運機が完備した菜園で、9月15日(土)が開園予定日です。
募集開始は8月25日頃を。それまでは資料請求のみ受け付けます(資料発送は8月25日頃、区画の選択は資料請求順とします)。乞うご期待!


★【KOI】は自己責任で。(2007.07.02)
鶴見川とその支流である恩田川沿いには、ドミタスの菜園が5か所あります。40年代にはゴミが流れ匂いのする川でしたが、今は鴨がコガモを連れていたり、かわせみが見られるほどきれいになりました。さて、水の中には大きな鯉がいっぱいいます。釣り方は簡単、パンの切れ端を針に付ければ入れ食いとなります。ただし、魚体が3〜4kgもあるので道糸、ハリス、そして竿は丈夫なものが必要です。
鯉を釣って食べたいとの相談がありました。『こんな汚い川の魚を食べたら病気になりそう』というのが大方の意見でしたが、念のため保健所に電話してみました。
A保健所:当方では食べてよいか悪いかを判断をするところではありません。魚を獲ってよいかは河川を管理する県に聞いてください。
B保健所:川でも海でも
釣った魚を食べるのは自己責任です、当方では関与しません。魚を商品として売る場合は別ですが。電話に出た方の個人的な見解では『私は食べない。鯉は水の汚れにも強い魚です。汚染されているかも知れないし、寄生虫もいるかも知れない』
鯉を畑の中に埋め堆肥にするという手もあります。でも外の会員さんから気持ち悪いなんてクレームが出そうです。鯉を食べてコイワズライなんて洒落にもなりません。やめましょう。

スイカ畑も初物の収穫があったようです、これからが楽しみですね。
スイカ包丁を入手しました。写真は刃渡り36cm、ステンレス製で5000円ほど。モデルは長津田第三の増田さん。


★日毎に成長しています。(2007.06.16)
入梅宣言なのに晴天で最高気温30度なんて、まだ6月なのに。野菜の生長が早いのなんの。週末のキュウリはお化け、葉っぱはうどん粉病、ナスにはアブラムシ。忙しいですね。
ここにも格差?
あきらめないで
端山さん、実が8個も!
歩道から手が届く。
隠れてつつましく。 実生もここまで成長
佐藤さん
トマトも収穫開始
霧が丘西濱さん
もう収穫です。早いもん勝ち


★菜園カンバスプロジェクト(2007.06.14)
スイカ畑の終了後に、現地で『菜園カンバスプロジェクト』を開催します。これは、畑に野菜で絵を描いてみようという試みです。
金子さんと話をしたときには、材料となる野菜の種類(特に色)が見つからず心配しました。ようやく赤い葉、黄色などの葉物がみつかり、手当てができそうです。
東北地方の町役場前の水田で数種類の稲を植え、稲穂で描いた武者絵をニュースでご覧なった方もいると思いますが、今回の素材は野菜です。
手始めにしらとり台第一の休憩所横で行い、会場(スイカ畑)では10月末から2週間を展示期間と考えています。
運営は金子さん(しらとり台第一)、秋葉さん(長津田第一)、猪飼さん(しらとり台第二)を中心にこれから詰めてゆきます。
ドミタスの独創(独走?)的なプロジェクトです。皆さんのアイディアを募集します。

【金子さんの掲示板投稿 5.15】
この度しらとり台第1では菜園カンバスを菜の葉で飾ろうプロジェクトを立ち上げます。代表幹事を拝命しましたので、本日応募用紙を菜園休憩所に設置しました。創作意欲のある方や、自信に腕のある方は、応募用紙に必要事項を記入して箱の中に入れて下さい。
一人でも、グループでもOKです。3区画で締め切ります。野菜の種を使って、花は咲かせないことが条件です。種の費用は別途用意されます。奮っての参加をお待ちします。


★スイカ畑
(2007.06.14)
『スイカ畑』は一か月を過ぎました。すでに玉子大の実がついているところもあります。定植した苗がネキリムシにやられて枯れるなど想定外のトラブルに見舞われ、初めから【甘くはない】を実感。
注目したいのは佐藤さん(しらとり台第二)、直播に挑戦しています。購入した苗の他、播いた種にペットボトルで保温をしました。これが順調で、今頃はつるが50cmほどに育っています。
収穫はお盆ごろがピークでしょう。
現地で品評会との希望もあり、
7月末の29日(日)11時から会費500円を予定。市場から調達したスイカとビールで一杯やりましょう。先日神楽坂のスナックで刃渡り50cmのスイカ包丁を発見しました。当日はこれでばっさり。。。。
現物はこちらから
がんばれ!!
佐藤さん(しらとり第一)
提供
おはようさん。
佐藤さん(第二)


★航程1時間余、鯵は鯖に変身か
(2007.06.14)
第三回ドミタス釣りの会を6月6日に開催しました。今回は久里浜の黒川丸に6名で乗船、鯵をねらいました。7時15分、久里浜港の遊漁船が一斉にスタート。いつもなら東に走り本船航路近くを目指すのに、今回は真南に。いつ釣り場に着くのやら、そのまま1時間ほど独航船。
房総半島の突端の洲崎沖に到着。潮の流れが速いとのこと、錘を追加して釣り開始。水深100m以上、あたりはあるも鯖だらけ。一荷(2匹)は当たり前、鯖は引きが強く横にも走るので仕掛けが絡まるお祭りが続出。1日で仕掛けを20組以上使った方もいました。
釣果ですが、恥ずかしくて書けません。長津田第三・しらとり台第一には、菜園仲間が待っていてくれましたが、ごめんなさい。   


★弩實多須郡酔過村に鳥居出現!
(2007.05.09)
スイカの豊作を願って14番の区画に鳥居ができていました。賽銭箱はありませんが、なぜか石が乗っています。
現在30区画中25区画は定植が終わっています。苗の数は2本から6本まで、さまざまです。どんなスイカができるのでしょうか。会員の皆さんのHP・フブログもご覧ください。
しらとり台第一の結城さんのキュウリが食べごろを迎えています。トマトもビー玉大に生長。


第三回 ドミタス釣りの会 参加者募集(2007.05.08)
大型連休中は波が高く、釣りバカには生憎の天候でした。おかげで農作業がはかどったのでは。
さて、『ドミタス釣りの会』の釣行を次のとおり開催します。奮ってご参加ください。近日中にトップページにも載せます。
月日:6月6日(水)、雨天決行
船宿:久里浜黒川本家
   http://members2.jcom.home.ne.jp/kurokawamaru/tyuoka.htm
対象:鯵
集合:午前5:30 長津田第三駐車場(参加人数により早まることあり)
会費:10,000円(船代8,200円、交通費・賞品代他を含みます)
出船:7:00、帰港16:00頃か(釣果により変わるそうです)
申込:メール、ファックス、(電話だとラインがお祭りして当りが少ないです)
幹事:ドミタス、会長 本橋さん(長津田第三)



★種が売ってない。そんな
『ベカナ』(2007.05.07)
『ベカナ』という山東菜(さんとうな)系の葉菜は菜園でも人気の野菜です。葉菜の定番はコマツナですが、これより色も薄く苦味がないので栽培する人が増えています。近頃はスーパーでも見かけるようになりました。
そのせいか連休中にこの種がホームセンターや種苗店から消えていました。なくなると欲しくなるのは小生だけか、6店目でやっと見つけました。農家に買い占められたのか(もうじき今年の種が採れるから、店においてないのではとの意見もあり)。
ベカナもあなたのメニューに入れてみませんか。
これからは成長が早いので一度に沢山播かない。ネットなどで虫除けをしましょう。


★『スイカ畑』、30名でスタート
(2007.05.07)
5月1日の集合日は貴重な出勤日なので半分ほどの方が出席しました。区画割りも巻尺で厳正に行いました。区画は12月生まれから逆順に選んでもらいましたが、道路に接しない区画に人気がありました。ドロボウにやられないという思惑がはたらいたようです。週末までに半分ほどの区画が植え付けを終わっています。
5月1日、区画割作業・区画選びのようす(佐藤さん提供) 5月7日(全景)
苗の養生もさまざまです。

なお、運営の規約として
@耕作放棄および雑草の繁茂は罰金3000円。
Aスイカの実がならなかったら、徴収した罰金から按分して残念賞を進呈。
B8月末日までに区画内の資材をすべて撤去してください。



★菜種油を搾りましょう!!(2007.04.28)
秋にまいた小松菜と春菊の昨日の写真です。収穫もされず、花が咲き、実を結んでいます。黄色い花が咲いているときにイエローカードですよと2回ほどご連絡しましたが、そのままでした。草丈は1.5mを超えています。春菊も1m以上に伸びています。利用者の方には退会いただきましたが、撤去にはミニユンボ(パワーショベル)を使い2時間ほどかかりました。
今年からは耕作を放棄した区画については厳正に対処します。
きれいな畑で楽しく野菜づくりを楽しみましょう。


★スイカ畑、参加者集合。(2007.04.28)
スイカ畑の参加者は5月1日午前9時、現地に集合ください。区画割、幹事の選任、規約等の説明を行います。作業がありますので軍手、長靴の用意を忘れないでください。10時解散予定。終了後は植え付け可能です。参加者名簿
場所は環状4号線と子供の国道路の交差点(下台)の角です。



★スイカ畑、募集終了。(2007.04.21)
スイカ畑には24名の申込をいただきました。定員を超えましたので募集を終了します。
なお、運営については参加者の中から2・3名の方に幹事をお願いし、楽しくかつトラブルのないスイカ畑にしたいと考えています。18:00



★カボチャ選手権はお休み。スイカ畑にします。(2007.04.19)
カボチャ選手権は今年はお休みとします。畑はスイカ作りに提供します。ご希望の方はメールにてご連絡ください。ドミタス会員のみ。
期 間:5月1日〜8月31日
区 画:20区画
料 金:無料



★春のイベント(2007.04.19)
桜の開花予測が訂正された頃から、寒い日や雨の日が多いですね。東京では4月になってから雨の降らない日は3日だけだそうです。
菜園のイベントがあるようです。詳細は現地の掲示板をご覧ください。
●しらとり台第二  『春まつり』
  5月4日(金) 10:00〜
●しらとり台第一  『菜園餃子祭』
  5月12日(土) 10:30〜



★マスコミに登場した仲間たち(2007.03.30)
ドミタス・ファームの仲間が雑誌・ムック・TVで紹介されました。寒い中、春らしい薄着になったり、撮り直しがあったりで大変だったようです。ご協力ありがとうございました。
●長津田第一の三田さんご夫婦
  『NHKためしてガッテン 春号』  出版社 アスコム 税込み690円
●北八朔第一の山口さんと娘さん、娘さんのお友達
  日経BPムック 『市民農園ライフ 畑を借りて野菜を作ろう』  出版社 日経BP出版センター 税込み1000円
●しらとり台第一の中川さん
  NHKテレビ 『月刊やさい通信 3月号』  3月25日(日) 6:15〜6:45 放送



★作業中で失礼しました。
(2007.03.30)
3月9日から25日頃まで青葉区内で井戸掘りをしていました。作業中は電話(携帯に転送になっています)に出られず、お問い合わせをいただいた皆様には大変ご不便をおかけし申し訳ございませんでした。悪戦苦闘の末93m掘りました。
4月からは菜園を巡回し、燃料の補充、資材・農機具の点検を行います。杭・ロープも順次点検します。



★目がチカチカ。リニューアルしましたが。(2003.03.04)
これが新しくなったドミタスのホームページです。内容も充実させなければと思いながら実現していません。作業しているうちは良くなっている実感があったのですが、アップしてみたらチカチカして目が疲れるばかりです。お知らせのコーナーで野菜づくりについて書いています。ビギナー向けですがご覧ください。

このところ取材の依頼が増えました。経済新聞系の出版社のムック、大手企業の広報誌、テレビ番組、番組関連の雑誌など、会員の皆様にはご無理をお願いしました。ご協力ありがとうございました。


★ビルの屋上の家庭菜園(2007.02.20)
昨年春までしらとり台第一の会員だった田中さんから教えてもらいました。大阪の地理は無案内ですが、南海電鉄がやっているようです。値も張りますが、交通費を考えれば都心に住む人にとってはリーズナブル?こちらから
田中さんは『農業をとことん応援する行政書士』として活躍されています。毎日更新されているブログは必見です。こちらから

桜の開花時期が話題になっていますが、コブシの花も咲き始めました。川津桜と緋寒桜はしらとり台第二近くのバス通り(スリーエフの向かい)で見られます。

雑誌『ほんとうの時代』の記事がネットでも見れます。こちらから



★耕運機・農機具の取り扱いについて(2007.02.14)
あちこちでジャガイモの植え付けが始まり、菜園がにぎやかになってきました。耕運機・農機具の取り扱いについてのお願いです。
●耕運機
燃料にごみを混入させないでください。耕運機の故障の9割がキャブレターの詰まりです。これは、ガソリンを燃料タンクに給油する際、土やゴミがタンクの中に入り込み、燃料ホースを通じてキャブレターに入ってしまうために起こります。1〜2ミリの大きさのゴミがくせものです。来週実施するさつきが丘、霧が丘、阿久和を除き耕運機の点検整備が完了しました。くれぐれもご注意ください。故障の修理には3日以上かかります。また故障が起きたら速やかにご連絡ください(そっと戻してバイバイはダメです)。
畳の糸は耕運機のローターの内側に絡みつき重大な故障を起こします。菜園内での古畳の堆肥としての使用を禁止しています。また、畳床に使われている藁には残留農薬の危険性があり、神奈川県では使用しないように呼びかけています。
●農機具
使用後に泥が付いたまま農機具を戻す人が散見されます。使ったら洗って戻す、この当たり前のルールを守ってください。長津田第三、しらとり台第一で顕著です。




★本家はすごい。爆笑5回保証付!!(生命保険では『保障』を使います)(2007.02.05)
第一生命が募集している川柳、その名は『サラ川−サラリーマン川柳』の投票がはじまりました。ドミタスの『ハタ川−畑の川柳』はこれをヒントにしていますが、やっぱり格が違いますね。
全部で100句、これをプリントしてながめれば爆笑間違いなし。なおお食事中は避けたほうがいいかも。でも野菜にまつわる句はありませんでした。サラリーマン川柳 

『ハタ川』の秀句もご紹介します。
家族には 高いトマトと 馬鹿にされ さてここに 何を植えたか ぼけはじめ
誇り持て 不揃い虫食い 無農薬 またくると ぽつりと一人 話しかけ
自信作 見せられ手にした 品かくし 収穫は 講釈つきの 贈り物
初詣 豊作祈願 さりげなく 畑に立ち 妻から巣立て 濡れ落ち葉
長ねぎは 冬場の鍋の 裏番長 履歴書が 畝一筋に 見え隠れ
菜園は 夫婦喧嘩の 避難場所 野菜より 亭主畑で 留守がいい

ドミタスのハタ川はこちらから
   『ハタ川』の募集も4月からはじめます。


★ネットでお勉強しましょう。(2006.01.23)
野菜作りも2年目ともなれば参考書もあまり読まなくなります。しかし、作る野菜がみな平均以上かというとそうでもありませんヨネ。
そろそろジャガイモの植え付けも始まりますが、ネットで野菜作りのおさらいをしてみませんか。タキイ種苗のサイトが病害虫なども詳しくおススメですが、高知のものは農家さん向けのところもあり参考になります。

皆さんのおススメサイトも教えてください。おススメリンクを作りましょう。
タキイ種苗 ホーム>野菜前線>山田式家庭菜園教室
こうち農業ネット ホーム>栽培・品目紹介>野菜>家庭菜園(画面の下のほうです)
ホンダ Hello(はろー)!野菜>野菜作りの基礎知識
群馬県農業局 ホーム>農を学ぼう>家庭菜園サポート>各野菜の栽培方法
奈良県農業総合センター 農業総合センター>農業・園芸情報>家庭菜園のポイント
アイリス アイリス家庭菜園ドットコム>野菜図鑑

『(仮称)失敗しちゃった野菜作り〜先輩の経験に学ぶ〜』のページを近日中にスタートします。
ドミタス・ファームの皆さんと学んだ野菜作りのワンポイントをご紹介します。
第1回は『トウモロコシ』です。会員の皆さんの失敗談、おススメを募集します。



★おーさむ!雪の中での取材。(2006.01.23)
先週末、雪が降る寒い日に取材が2件(季刊雑誌とムック)ありました。会員の皆様にはご多忙のなか取材にご協力いただきありがとうございました。季刊雑誌の春号の取材があった長津田第二では、衣装も春らしいものとのリクエストもありホカロンをいっぱい貼り付けての撮影だったとか。北八朔では野菜の収穫やストーブで暖をとる姿などを撮っていました。
誌名などは発売される頃(3月)にご紹介します。