【目次】記事は画面を下にスクロールしてご覧ください。
★来年は『阿波踊り』に挑戦しよう!!
(2008.12.22訂正)
★野菜賛歌。1人10作品まで緩和。
(2008.12.20)
★花梨ジュースは何故赤い?
(2008.12.17)
★野菜賛歌 応募作品16曲。
(2008.12.14)
★『B-1グランプリ』優勝食材を試食。
(2008.12.03)


★野菜賛歌募集要項は12月5日発表。
(2008.11.30)
★コマツナ再生!!
(2008.11.30)
★山口さんちの菜園、ザーサイも順調。
(2008.11.30)
★野菜賛歌はいかがですか。
(2008.11.22)
★初霜と薪運び。
(2008.11.20)
★しらとり台第一の『大収穫祭』。
(2008.11.15)
★長津田第三の収穫祭。
(2008.11.15)
★他所の畑は参考になります。
(2008.11.14)
★外周柵の修理。
(2008.11.12)
★イチゴの苗あげます&コマツナ増収法。
(2008.11.07)
★クーラー満杯。
(2008.11.06)
★タマネギの初物!!
(2008.11.04)
★山口さんの菜園。順次更新します。こちらから
(2008.11.03)


★タマネギの苗作り。
(2008.10.29)
★イチゴのポリマルチは3月頃。
(2008.10.29)
★食べたい野菜55種類!いっぱい育てています。
(2008.10.14)
★長津田第三の収穫祭。
(2008.10.26)
★第五回『ドミタス釣の会』参加者募集。
(2008.10.26)
★たこ焼器の購入を断念!
(2008.10.26)
★落花生 収穫開始は カラスから。
(2008.10.21)
★サトイモの種芋。親と子どちらに軍配?
(2008.10.14)
★しらとり台第一の『サンマ大会』。
(2008.10.12)
★大勢のお客様。
(2008.10.10)
★しらとり台第二の『秋の収穫祭』。
(2008.10.07)
★サイトマップを作りました。
(2008.10.02)
★長津田第四・第五の収穫祭
(2008.10.05)

★取材は10月1日(水)、長津田第三・第四にて。
(2008.09.30)
★外国テレビの取材と農業関係の方の視察にご協力願います。
(2008.09.28)
★下谷本第一の収穫祭。
(2008.09.28)
★メモを紛失しました。ご連絡ください。
(2008.09.25)
★しらとり台第一の『サンマ大会』。
(2008.09.20)
★春に咲く花の種をまきましょう。
(2008.09.19)
★スイカ畑運営委員会よりのお知らせ(掲示板から転載)
(2008.09.16)
★水浸しの水田からの藁運び
(2008.09.16)
★きれいな花には毒がある。
(2008.09.13)
★初めての収穫祭。
(2008.09.13)
★畑の衣替えはお早めに!
(2008.09.07)
★ドミタスの利用契約は個人です。
(2008.09.06)
★暮に収穫できるタマネギが発芽しました。
(2008.09.05)

★耕運機・農具のトラブルは、速やかにご連絡ください。
(2008.08.28)
★アクセス件数が10万件を超えました。
(2008.08.24)
★タマネギの苗は自前で。
(2008.08.24)
★ビニール被覆で秋作の準備。
(2008.08.24)
★スイカ畑運営委員会よりのお知らせ(掲示板から転載)。
(2008.08.20)

★熱中症にご注意。
(2008.08.05)
★長津田第三、8月の『クリーンデイ』
(2008.08.06)


★下谷本第一のイベントを延期します。
(2008.07.26)
★『スイカ畑』収穫始まる。10kgオーバーも続々!
(2008.07.26)

★畑をきれいに!長津田第三の『クリーンデイ』
(2008.07.10)

★野菜ドロボー対策は。(2008.06.29)
★『クラー満杯の鯵』、第四回ドミタス釣の会釣課報告
(2008.06.29)
★私の名前は『楮(こうぞ)』です。
(2008.06.26)

★ラッキョウの達人。2球が42個に。
(2008.06.23)
★私の名前を教えてください。
(2008.06.23)
★地球温暖化対策に『市民農園の拡充』〜環境省提示〜
(2008.06.21)
★肥料が値上がりする?
(2008.06.20)
★ジャガイモのメタボにご注意。女王様が角を出す。
(2008.06.11)
★暮に収穫できるタマネギの堀り上げ
。(2008.06.11)
★匠の技に助けられました。
(2008.06.03)
★『ドミタス釣の会』は25日に延期になりました。
(2008.06.03)

★第四回 『ドミタス釣の会』参加者募集
(2008.05.25)

★お節介な話ですが(20085.05.19)
★3月播きのタマネギが、玉ネギに成長。(2008.05.19)
★ジャガイモは花が咲いたら収穫できます?(2008.05.19)
★紫蘇ジュースを作りましょう。(2008.05.11)
★しらとり台第一のイベント
(2008.05.02)
★菜園の樹木を撤去してください。
(2008.05.02)

★サトイモを植えましょう。
(2008.04.25)
★【スイカ畑】スタートしました。
(2008.04.22)
★【スイカ畑】、募集締め切ります。
(2008.04.13)
★長津田第五、第一期開園します。
(2008.04.12)
★【スイカ畑】ポスターができました。
(2008.04.08)
★【スイカ畑】参加者募集
(2008.04.05)
★NHK TV『趣味の園芸〜やさいの時間』に石井さん登場!
(2008.04.03)

★雑誌の取材がありました。
(2008.03.29)
★ご挨拶(2008.03.29)

★テレビ取材がありました。
(2008.02.23)
★暮にタマネギを収穫しよう!(2008.02.17)
★お役立ちサイト発見。(2008.02.17)
★雪はいいですね〜
(2008.02.10)



★来年は『阿波踊り』に挑戦しよう!!(2008.12.22訂正)
ドミタス・ファームは現在13か所。一番古いのは『緑区長津田第一』で2000年8月に開園しました。ここも高齢化が進み収穫祭・忘年会はお手軽な外食です。昨日の午後、近くの高級中華レストランで9回目の忘年会がありました。参加者の年齢は3歳から70歳まで、2次会は畑の休憩所でかなり遅くまで歓談が続きました。
そこで生まれた新企画!阿波踊りです。先生or師匠は自称『やまちゃん』の山村さん。来年の3月頃から練習を開始し、7月に大和市で開催される『神奈川大和阿波おどり』に参加することになりました。ドミタス連の浴衣まで誂えての本格的なもの。詳細は来年2月に発表します。乞うご期待!
以上は12月21日掲載文です。

ところが、事はそう簡単ではありませんでした。『連』には踊り手だけでなく、三味線、太鼓、鉦(かね)、横笛などを演奏するメンバーがいなけらばなりません。踊り手だけではどうにもならないようです。そうならばお金をかけて浴衣まで誂える必要もなくなるのか。早とちりでした。お詫び申しあげます。先ずは、踊りの練習をしっかりやりましょう。wikipediaで阿波踊り
休憩所内で撮影した画像を合成したものです。出演山村さん。


★野菜賛歌。1人10作品まで緩和。
(2008.12.20)
以下の文面は12月17日にドミタスの掲示板に投稿されたものです。

賛歌募集条件の、「1会員4作品まで」を「契約1区画4作品」とはなりませんか?
これを歌ってみてください。
    夜も寝ないで考えて ない知恵絞って歌詞作り
    どいつもこいつも捨てがたく せめて番外でも取り上げて〜〜〜〜チョッ

最近、権兵さんの赤ちゃんが頭から離れず、ついに不眠症を患ってしまいました。


以前に募集した畑の川柳【ハタ川】でもありました。考え始めると次々に新しいのが浮かんできて『もうとまらない』状態になるそうです。
応募要項のうち、作品数の制限を次のとおり変更します。
@作品数を1人10作品まで。A応募締め切り後、審査対象は本人の申告により4作品とします。



★花梨ジュースは何故赤い?
(2008.12.17)
黄色い実の花梨は喘息の薬になるとかいわれます。調理方法としては花梨酒や蜂蜜漬けなどがありますが、出来るまでに時間がかかることが難点でした。母が、煮出してジュースにする方法を隣のおばさんから教わりました。何度か試しましたが上手くできます。
【調理法】
@花梨の実を割って種を取り出す。A果肉を5mm〜1cmほどの厚さにスライスする。B果肉1kgに対し水1升(1.8リットル)を入れ、鍋で煮る。弱火で灰汁はまめに取る。C約1〜2時間経過したら、濾して果肉を取り出す。使うのは汁のほうです。Dこれに砂糖を1kgを加え、弱火で約1時間煮る。煮詰まるとジャム状になってしまうので注意。
長野県や山梨県ではこの木を庭に植えて一家の繁栄を願うそうです。お金を『借りん』にかけているとのこと。昔、『風と共に去りぬ』を読んでいたら主人公スカーレットオハラのお屋敷の門から邸宅までの道沿いにこの木(マルメロ)がいっぱい植わっていると書いてありました。このジュース鮮やかな赤色になります。しらとり台第二の地主さんの畑にもあり、畑で試してガッテンしました。画像はハタケンポさんのブログでどうぞ。こちら


★野菜賛歌 応募作品16曲。
(2008.12.14)
今月から募集開始した野菜賛歌の応募は本日現在16曲。英語での応募もあります。
写真のようなオチンチンダイコンを唄った作品もあります。どしどし応募してください。

写真撮影は佐藤さん。人間のモデルは結城さん。ダイコンの栽培者は金子さん(ほとんどのダイコンがオチンチンダイコン。種なのか腕なのか?)



★『B-1グランプリ』優勝食材を試食。
(2008.12.03)
格闘技みたいな名前ですが、最近のニュースでも紹介されたB級グルメ(地元の皆さんに愛されている地域の名物料理)のコンテストです。今年は神奈川県厚木市の『厚木シロコロ・ホルモン』がゴールドグランプリ(多分一番のこと)に輝きました。公式HPは こちら シロコロとは豚の大腸のホルモン焼きのこと。大腸(色は白)の内外をひっくり返し、それを輪切にして焼くので白くてコロコロとなるのでこの名前がついたとか。
昨日厚木に用事があったのでお土産にと思いネットで調べ市内の肉屋さんに予約し、食材3kgとタレを買ってきました。会員さんに声をかけしらとり台第一で試食。炭焼きが一番とのことでしたが、面倒なのでカセットコンロにジンギスカン用の網で代用。美味しかった!!結局全量胃の中へ。
落としたばかりで鮮度抜群の材料とタレが良いからだとは参加した食いしんぼさんの弁。家ではできない味わえない『シロコロ・ホルモン』、挑戦してはいかが。
ご参考:肉屋さん すずき 046−221−0701 厚木市本町6−10。値段 1kg(肉屋さんの話では4〜5人前) 1,200円 タレ 300円。当日落としたものは午後2時頃店頭に。ウイークデーなら青葉台から片道30分ほど。



★野菜賛歌の募集要項は12月5日発表。
(2008.11.30)
数日前に第一号の応募いただきありがとうございます。募集要項は12月5日の発表します。順次各菜園の掲示板に貼ります。
歌詞を考える参考にメロディだけでもどうぞ。

音が出ます。深夜・職場では開けないでください。小生も、馬鹿ではないかいといわれています。 こちら



★コマツナ再生!!
(2008.11.30)
11月7日に紹介した『コマツナ増収法』を試してみました。畑の隅にあった大きくなりすぎたコマツナを鎌で刈り取ってから20日経過。立派に新しいコマツナができています。葉がなくなった茎は自然にはがれ落ちてしまいます。でも、ごついしっかりしたコマツナ。歯ごたえあります。
現代農業の記事は
 こちら


★山口さんちの菜園、ザーサイも順調。
(2008.11.30)
10月にはまだ芽も出ていなかったザーサイが順調に大きくなっています。どこになるのかと思っていたら、カブのようにに根がゲンコツ大になるそうです。国産のザーサイに挑戦してみませんか。こちら
大きなブロッコリー ザーサイです


★野菜賛歌はいかがですか。
(2008.11.22)
ヨドバシカメラのCMの出だしの歌詞はなんだたっけ、と聞かれました。『まんなかとおるは中央線』のその前の部分のことでした。リパブリック賛歌の替え歌ですが、『おたまじゃくしはかえるのこ』というのもあります。
なかなか調子の良い曲です。そこでうん百人いるドミタスの会員さんに声をかけ、野菜賛歌or畑賛歌orドミタス賛歌を作ったらどうか。思いつきですが、もしかして今年一番のアイディアかも。募集方法などご意見をお寄せください。賞金総額100,000円位を予定。
ヨドバシカメラのCM  リパブリック賛歌



★初霜と薪運び。
(2008.11.20)
19日20日と連続の霜。畑にも冬がやってきました。春菊など寒さに弱い野菜にはネットやビニールをかけ養生しましょう。サトイモは茎を切り、10〜15cm土をかけてください。
22日9時から薪用丸太を運びます。対象はしらとり台第一、第二。集合場所は近くの資材置き場です。働かざるもの当たるべからず。
サトイモ 皇帝ダリア サツマイモ
今朝は畑が白く見えるほど霜が降りていました。タマネギの苗についてひとこと。(2008.11.21)
@ポリマルチはしっかり張れていますか。ポリマルチは寒い時は苗を保護し、暖かくなれば雑草を防ぐ大事な役目を果たします。しかし、タマネギ用のポリマルチは穴が沢山空いているので風が入りやすく強風で飛ばされる恐れがあります。一度はがれると戻せません。端を地面にしっかり埋めるか、支柱を横にして太い針金で固定しましょう。
A霜柱で浮き上がることがあります。転び苗ともいうそうですが、苗が霜で浮き上がり根が地面に出て横にコテンとなり枯れてしまいます。浅く植えた場合などは相当数がでます。見つけたら埋め戻してください。心配なら穴に土を入れるか、不織布(商品名:パオパオなど)でトンネルをかけてください。
B早生種、極早生種にはビニールトンネルが効果あります。年によって違いはありますが、2月後半から3月に収穫が始まります。

Farm Snoopyさんのブログにバケツでのお米栽培が載っています。籾から白いご飯になるまでの経緯が22枚の写真で紹介されています。


★しらとり台第一の『大収穫祭』。

ここの畑は隔月でイベントをやるそうです。今回の名称は収穫祭。ここのメンバーには畑とスナックを混同してるかも。詳しくはこちら 


★長津田第三の収穫祭。
(2008.11.15)
長津田第三の収穫祭が11月9日に開催されました。今回で8回目。新たに中国人の方もメンバーになり盛況でした。餅を臼でつくというので体力がもつか心配していましたが、まずまずの出来。お疲れ様でした。
2臼で計40kg??? 美女・淑女・愛妻・恐妻 ハイポーズ 秘伝の中国野菜も発芽!


★他所の畑は参考になります。
(2008.11.14)
予定した農作業を終えると他の区画を見て帰る方がいます。どんな野菜を作っているのか、そのやり方、成長度合いなど、参考になります。でも同じ畑だとダンダン似てくるもので、上手い人にも限りがあります。そこで、近くにあるドミタス・ファーム探訪をおススメします。現在ドミタスの畑は13か所。車で10分もかければ着きます。そこには自分のところと様子が異なる畑があります。特に新しく始められた方に参考になるものがいっぱいあります。目からうろこ、もあるかも。
探訪のルールとして次の事項を守ってください。過日、他の畑に行って勝手に冷蔵庫を開けていた人がいたそうです。
@当該の菜園に利用者がいない場合は入らない。A駐車場所は利用者の指示に従う。Bどこの菜園の会員か挨拶と自己紹介をする。C帰る際の挨拶も忘れずに。D野菜や苗を欲しがらない。
花が絶えない持田さんの区画。
パンジーは200株以上。
鼻毛状態の直播タマネギ。
宮崎さんはタマネギ名人。
阿部さんの区画。
奥はコフナ農法で除菌。
上の写真は緑区北八朔第一です。

家庭菜園を取り上げた雑誌にドミタスの畑一覧が載っています。菜園の名称がドミ
・ファームとなっていました。なんか昔の歌のメロディが浮かんできそうです。ドミパ〜ヤ、パ〜ヤ。


★外周柵の修理。
(2008.11.12)
菜園の外周柵が痛んでいます。特に木製の柵は木杭とも腐食による劣化が進んでいます。順次修理します。現地の掲示板に作業予定をお知らせします。柵に隣接する区画については、作業の支障になる物品や野菜の撤去をお願いします(利用開始時には柵と区画の間に40cmの通路がありましたが、これを畑として使っている方が多いようです)。

皇帝ダリアが咲き始めました。しらとり台第一、同第二、下谷本第一にあります。草丈が4m近くなる皇帝ダリアはここ数年で急に広がってきました。公園や観光地ではこの花を集客の目玉にしているようです。増やし方は茎を輪切りにしミズゴケを巻いて根を出させる、いわば挿し木の要領です。花が終わるのは今月末頃、茎をお分けします。ご希望の方はご一報ください。
今から20年ほど前。エンゼルトランペットが日本に入ってきた時を思い出します。花好きの人は苗を求めて園芸店やホームセンターを駆けずり回っていました(小生も同じ)。苗も一株2,000円もしましたが、2年もすると300円ほどになってしまいました。その頃にはどこにでもある珍しくもないただの花。次はどんな花がブームを起こすのか楽しみです。


★イチゴの苗あげます&コマツナ増収法。
(2008.11.07)
イチゴの苗が150株ほどあります。種類は不明ですが、甘くて美味しいイチゴです。仮植えしてあるのでしっかりした株です。しらとり台第一近くの畑にあります。1人20株まで。欲しい方(ドミタス会員のみ)は電話してください。

『現代農業』12月号に面白い記事が載っていました。コマツナの株再生栽培というもの。コマツナの収穫といえば根から引き抜いてしまいますが、これは地面から数センチのところで稲刈りのように切り取ってしまうもの。残した株から新芽が出てきてまた収穫できるとのこと。4回まで可能とあります。ホウレンソウでもいけるそうです。種代も節約になるし、泥落としも不要でいけるかも。雑誌のHPに詳しく出ています。こちら



★クーラー満杯。
(2008.11.06)
第五回『ドミタス釣の会』の釣果報告です。急遽決まったせいか集まったのは4名でした。ポイントは観音崎沖の本船航路(大型船の航行を指定した海域)のど真ん中の水深60m。初めは20センチほどのものがぼちぼちでしたが、1時間ほどして30cmクラスも顔を見せはじめました。当たりが途切れることもなくというより、おにぎりを食べる暇もなく釣れました。時には40cmオーバーや、50cmほどの鯖も出ました。クーラーに入りきらない人もいて、大漁・大満足の釣行でした。
海の銀座といわれる東京湾の本船航路。目の前を軍艦(駆逐艦やイージス艦、潜水艦も)、20万トンクラスの大型タンカー、自動車運搬船、液化天然ガスのタンカー、コンテナ船、保安庁や警察の船などなどがゆっくり航行して行きました。次回は来年4月頃、鯛かイカ狙いで考えています。
釣った魚は鯵でした。



★タマネギの初物!!
(2008.11.04)
タマネギの話題が続きます。今度は収穫のお話です。3月に種蒔をし、8月末に植えたセット栽培のタマネギが収穫できました。このタマネギは小さな玉を植えるもので、ホームセンターでは『ホームタマネギ』という商品名で売っているもの。これを種から始めたもので、10名ほどの会員さんが挑戦しています。ここにきて各人の差が広がり、玉がまだ5円玉ほどの区画もあれば、収穫直前の区画もあります。植えた玉の大きさ、植えた時期、植えた後の水遣りなどが影響しているように思えます。
写真は青葉区しらとり台第二の高原さん。立派なタマネギです。お味はいかがでしたか?
撮影用に無理にお願いして収穫してもらいました。残りはまだ。。。


★タマネギの苗作り。
(2008.10.29)
タマネギ苗の値段には腹が立ちますね。割り箸より細いのに1本10円以上、園芸店によっては15円ほど。10本でガソリンが1リットル買えます。菜園ブームの足元を見ているのかとにかく高い高い。そこで自前で育てる人が増えていますがなかなか上手く行かずに、買う羽目に。
しらとり台第二の地主さんの修ちゃんの栽培方法を紹介します。A3ほどの大きさのバットに育苗用の培養土を入れ、そこに種をスジ播きにし、発芽までは黒い寒冷紗で日除けをします。水遣りを忘れずに、途中2回ほど液肥を施します。これでできたのが写真の苗。少し伸びすぎているので水遣りを控えているとか。ポイントは培養土です。商品名『げんき君(農協で売っています。20kg入り1,100円)』は肥料分もあり、種蒔に最適です。
来年(今年はもう遅い)挑戦してみてはいかがですか。
タマネギ苗1本15円、スーパーで1個30円。キャベツ苗1本60円、スーパーで1個100円。苗を買ったのでは合いません。苗は自前で生産性を上げましょう!!
丸い支柱は寒冷紗用 良く見るとスジ播き


★イチゴのポリマルチは3月頃。
(2008.10.29)
イチゴの苗植えの時期となりました。畝にポリマルチをかけて、苗を植えている区画が結構あります。ポリマルチは3月頃に、枯葉を取り除いてからかかけるのがベターです。苗の上にポリマルチをかけ、苗で盛り上がった部分をカッターで切り葉を上に出します。ポリマルチは保温だけでなく、実が土で汚れるのを防ぐためでもあります。株の中心からから20〜25cm先に実が着くので、このことを考慮して作業してください。
一昨年の暮、しらとり台第一でマルチをして植えたイチゴが花をいっぱい咲かせました。せっかく咲いた花なので、ビニールトンネルを二重に掛けて実が赤くなるか試してみました。加温しなくても10数個は収穫できました。この株は春には花が咲かないとあきらめていましたが、普通に花が咲き収穫できました。栽培のヒントはこちら


ペットボトルは湯たんぽ代わり。
『現代農業』の記事を見てお試し。効果ありました。
1月初めの写真。赤くなっています。
写真提供:佐藤さん(しらとり台第一)


★食べたい野菜55種類!いっぱい育てています。
(2008.10.14)
ドミタスの菜園では女性が耕作している区画の方が男性の区画に比べ野菜の種類が多いように思えます。定番の野菜以外にホームセンターでも売っていないようなものも見ることがあります。スイスチャードを8年前に植えたのも女性でした。男性諸兄は定番のものを上手に作って『食べてもらう』、女性はこの野菜を食べたいから『作る』のか。
緑区長津田第三の山口さんは2区画を利用しています。8月初めには40種類ほど、、現在も一部重複しますがほぼ同数の野菜があります。その名前と食べ方を教えてもらいます。大手の種苗会社だけでなく、息子さんの協力でインターネットで調べ購入しているそうです。現在の写真と11月中旬の写真を掲載します。お楽しみに。こちら
料理の先生もされたとか
区画の中はパズルのよう。撮った写真にあわせコメントを書いていただきました。レポート用紙に15枚ほど。書くだけでも相当な時間と手間がかかったと思います。ありがとうございました。

●10月26日に野菜の雑誌の取材がありました。野菜のことに詳しいはずの編集者の方も、名前を間違えないように確認作業に時間をかけていました。発売が楽しみです。(2008.10.27)



★長津田第三の収穫祭。
(2008.10.26)
長津田第三の収穫祭は参加者が多く、毎年大賑わいです。今年は伊藤さんと澤村さんが幹事で、餅(臼でつくそうです)をはじめ盛りだくさんなメニューがあるそうです。参加希望の方は休憩所の掲示板の用紙にご記入。
日 時  11月9日(日)、調理開始は8時半から
会 費  1人1,200円、2人 2,000円
会 場  長津田第三駐車場



★第五回『ドミタス釣の会』参加者募集。(2008.10.26)
第五回『ドミタス釣の会』を次のとおり開催します。ふるってご参加ください。初心者歓迎です。主催:ドミタス釣の会(会長本橋さん)
【募集要項】
1、釣行日  2008年11月5日(水)
2、船  宿  久里浜黒川本家(久里浜港 HPはこちら)  
3、魚  種  鯵
4、費  用  乗船料金と交通費で  約10,000円(久里浜黒川本家 1日船)  
5、申  込  メール・ファックス(045-983-7158)・ハガキにて
5、集  合  長津田第三に午前5時半に集合してください
6、備  考  貸し道具あります


★たこ焼器の購入を断念!(2008.10.26)
収穫祭など畑のイベントの新しいメニューに『たこ焼き』が面白いのではないかと考えていました。一度に24個焼くことのできるたこ焼き専用の道具(熱源はプロパンガス)で、価格は8,000円ほど。会員さんの反応も良く注文することにしました..。でもその前に、念のため、カセットコンロ用の鉄板を使い作ってみました(小生は生まれて初めての挑戦)。経験豊かな先生の指導で3回目にはどうにか形になりましたが、問題は時間がかかること。出来上がるまで約10分。イベントの参加者が1人3個食べるとして30人分で30分間ジット待たねばなりません。一度に50個焼ける業務用は20,000円以上で予算オーバー。というわけで、断念しました。16穴のカセットコンロ用の鍋(鉄板を関西ではこう呼ぶそうです)を3枚調達しました。
ネットで探した動画をご覧ください。
自動たこ焼き機   返しのテクニック   たこ焼き   英語版
  たこ焼き大革命(←必見)


★落花生 収穫開始は カラスから。(2008.10.21)
よくある質問:『落花生はいつごろ収穫したらよいですか?』。
答え:『カラスが教えてくれます』。
落花生は土の中に育つものでいつ収穫してよいかわかりづらい作物です。そんなわけでこの質問となります。10月半ばになれば収穫できます。この頃になると落花生の周辺に殻が散らばっていることがあります。カラスが掘り出して食べたかすです。カラスはどうやって知るのでしょうか?一度聞いてみたいものです。ネットをかけて自衛しましょう。
落花生は幅50〜60cmにも広がります。株間が狭いと収量が少なくなるので余裕をもって植えましょう。食べ方は生のまま濃い目の塩水で茹でます。圧力釜でも30分くらいかかります。なにせ殻と実の間に空間があるので熱伝導が極端に悪いのです。まだ色の白い小さな未熟な実は殻ごと食べられます。殻と実の間に隙間がなく、成長の過程がよくわかります。


★サトイモの種芋。親と子どちらに軍配?(2008.10.14)
サトイモは親芋を使うと収量が多いといわれます。これを菜園で実験した方がいます。証明するために株ごと全部掘り出し土を洗い流して見せてくれます。腰は大丈夫だったのでしょうか。ハタケンポさんのブログをご覧ください。こちら
親を使うと丸い小芋ができるといわれているそうです。細長いやつより値がいいとのこと。


★しらとり台第一の『サンマ大会』。
(2008.10.12)
10月11日は青葉区しらとり台第一の『サンマ大会』がありました。名前が収穫祭でない理由は、ただサンマを口実に集まって、食べて飲んで&カラオケを楽しむためだそうです。収穫祭は来月以降とのこと。秋になるとドミタスの畑で毎週のように宴会をやっているように思われるかもしれませんが、事実そのとおりです。(2008.10.14写真変更)
メニューその他はたんさいさんのホームページで。 こちら
  トップ → 家庭菜園 → 菜園のイベント公開します     時間がない方は こちら

22:10


★大勢のお客様。
(2008.10.10)
8日(水)午後に東海地方の農業関係の皆様が菜園の視察に来られました。総勢20名の皆さんが長津田第三・第四・第五としらとり台第一をあいにくの雨の中視察されました。その後別の場所を借りてドミタスの説明と質疑応答が1時間ほどありました。お役に立てたかどうか心配です。
久し振りにネクタイをしましたが、これが土砂降りの雨を呼んだのでしょうか?



★しらとり台第二の『秋の収穫祭』。
(2008.10.07)
しらとり台第二の収穫祭が11月1日(土)に開催されます。今回は休憩所横に誰かが植えた『自然薯』がスペシャルメニューの食材になるそうです。その前にこれを掘りあげる大作業が待っています。がんばってください。ポスターpdf


★長津田第四・第五の収穫祭
(2008.10.05)
第四・第五はお隣同士。緑に囲まれた里山の高台での収穫祭。11時開宴予定でしたが、8時半には10人以上が集まり気合十分。メニューはサンマ焼き、豚汁、串カツ、ジャガバターなど。量が大目かなと心配しましたが、サンマ5匹を残し完食!!お話好きの方が多いのか、1人2分以内の自己紹介が終わるの1時間近くかかりました。お開きの頃には椅子から落ちる方も(帰り道に歩道でコケ背中を黒く染めて千鳥足)。飲みすぎにはご注意。次回からは自主運営です。忘年会で盛り上がりましょう。
集合写真を忘れました。陽をよけるため右の木陰に移動しましたが最後は西日焼き?


★サイトマップ
を作りました。(2008.10.02)
畑仕事の合間にサイトの更新をしているのですが、なかなか上手くできません。どこに何を載せているのか判らなくなってきています。
サイトマップを作ってみました。このサイトの構成がわかりますのでご利用ください。右上にあります。ここからでもサイトマップ 
昨日のKBSの取材はハングルから日本語、日本語からとハングルと通訳の方も大変だったようです。菜園の中だけでなくホームセンターで野菜の種を選ぶシーンも撮影しました。放送は11月14日とのことです。暮に鑑賞会でもやりますか。



★取材は10月1日(水)、長津田第三・第四にて。
(2008.09.30)
韓国の国営放送局KBSの取材が10月1日に決まりました。10時からの予定です。来日する取材クルーのスケジュールの都合で雨天決行です。取材内容は『日本の家庭菜園の様子』〜日本では誰もが手軽に種苗を購入・栽培することができる。農業というものが非常に身近なところにあるという内容〜
インタビュー等があります。ご協力お願い申しあげます。

食品庫の中で発見!
ジャガメぼ〜や


★外国テレビの取材と農業関係の方の視察にご協力願います。
(2008.09.28)
開園以来初めて、外国の国営放送局から取材の申し込みがありました。平日の取材なので時間と場所の調整が難航しています。決まりましたらご協力のほどお願いします。また、東海地方の農農業関係の方の視察があります。


★下谷本第一の収穫祭。
(2008.09.28)
昨日は青葉区下谷本第一の初めての収穫祭でした。天気にも恵まれ25人ほどが集まりました。自己紹介では同じ姓の方が3人もいて覚えきれない人もいたようです。初回なので先輩の阿部さん(緑区北八朔第一)に無理をお願いし、サンマとイカの刺身盛り合わせを作っていただきました。ありがとうございました。
次の週末は長津田第四・第五合同の収穫祭です。まだ『準備のお手伝いをします』との電話がかかってこない。まってま〜す。
ツマは自家製 定刻30分前なのに 何人名前が言えるでしょうか?(右ピンボケ)


★メモを紛失しました。ご連絡ください。
(2008.09.25)
24日12時半頃に資料請求の電話をいただきましたが、送付先を書いたメモを作業着とともに洗濯してしまいました。麻生区在住の方と記憶しています。お手数ですがご一報ください。



★しらとり台第一の『サンマ大会』。
(2008.09.20)
うしらとり台第一の掲示板に2つのポスターが掲示してありました。ご覧ください。
@サンマ大会 同pdf Aお願い



★春に咲く花の種をまきましょう。
(2008.09.19)

春に咲く花の種まきの時期です。春先に1ポット100〜200円もする苗も、今まいておけばダダ同然です。いろいろありますがおススメはキンギョソウとゴテチャです。キンギョソウは草丈40cmくらいのもので、花の色が混ざっているもの。花の写真。 ゴテチャはお花屋さんではあまり見かけませんが、赤・ピンクなど優しい花が魅力です。花の写真
お花って野菜に比べ時間がかかりますね。最近気づきましたが、なぜでしょうか?野菜は成長途中で食べるもの、お花は種ができる少し前を愛でるものです。考えればダイコンもモマツナも春になれば花が咲きますね。野菜の花が咲くことをトウダチといいますが、迫力満点なのはゴボウです。2m近く伸びます。途中の写真



★スイカ畑運営委員会よりのお知らせ(掲示板から転載)
(2008.09.16)
【9月8日】第二回スイカ畑の閉園処理は、皆様のご協力を頂いて予定通り無事に完了できました。
雨が心配された中でしたが、早めの作業開始が功を奏してどうにか濡れずに作業ができました。
作業の後に、しらとり台第一の休憩所を借りて開催した閉園式兼反省会では、社長から新サンマの差し入れを頂き、急遽炭焼きをするなど、盛り上がりもありました。
今回のスイカ畑においては、未処理で放置された区画が2つほどあり、区画の杭に巻き付けられたビニル製のひもや置き去りにされた肥料袋、ペットボトルなど、分別に手のかかることもありましたが、概ね良好だったのではないかと思われます。
遅くなりましたが、運営委員会として関係各位にご報告をさせて頂きます。



★水浸しの水田
からの藁運び(2008.09.16)
日曜日は長津田第三と長津田第四・第五合同の2チームが藁運びをしました。あいにく前の晩遅くに降った大雨で水田には水がたまり、藁も水にぬれ重くなり作業も大変。午前中が第三、午後が第四・第五合同で、約650坪の水田から運び出しました。お疲れ様でした。でも稲藁は採れるときと使うときが半年ずれるので保管が大変です。でも買うと目が飛び出るほど高いのも事実です。(注:これはドミタス主催ではなく、会員有志が農家と交渉し譲り受けたものを運んだものです)
作業中に農家さんが見えお話を聞くことができました。
この水田の米は高く売れる。それはここの水が地下水で川の水は使っていない。さらに、水の張り方に工夫している。水田に水を補給するのは夕方暗くなってから。これにより冷たい地下水が供給され稲が冷やされることになる。昼間と夜の温度差をつけることにより米がより美味くなる。だから他の水田に比べここの米は○割りも高いし人気もある。
地面は硬く、一輪車のタイヤもスタックしない ドッコイショ! 延長200m以上?


★きれいな花には毒がある。(2008.09.13)
ドミタス・ファームでは利用区画以外にドミタスの了解なく植物を植えることを禁止しています。皆に良かれ皆に楽しんでもらおうという動機で勝手に植える人がいますが困ったことも起きます。ダチュラという花、チョウセンアサガオとも呼びますが、この花にはすべての部位に毒があります。横ないし上を向く種類をダチュラ、下を向いているのがエンゼルトランペットらしいです(このネーミングが素晴らしい)。さわってすぐ死ぬような毒ではないにしても、野菜づくりの場でもあり小さな子供もいる菜園には不向きと判断し、撤去します。ダチュラについてはこちら
皇帝ダリアがしらとり台第一、しらとり台第二、下谷本第一に植えてあります。11月末にきれいな花が咲きます。お楽しみに。



★初めての収穫祭。(2008.09.13)
一昨年から菜園での収穫祭等のイベントは各菜園の自主運営となっていまが、開園したての菜園についてはドミタスがお手伝いします。菜園のイベントの効用は会員さんの顔と名前が覚えられることです。ぜひご参加ください。
・青葉区下谷本第一  9月27日(土)  ポスター
・緑区長津田第四・第五合同  10月4日(土)  ポスター



★畑の衣替えはお早めに!(2008.09.07)
9月ももう7日。1週間が過ぎました。この時期は利用者により畑の様子がかなり異なります。経験豊かな方の畑は夏野菜がなくなり、ダイコンやハクサイの畝ができています。反対に新人さんの畑はトマトやオクラ、シシトウなど夏野菜がしっかり残っています。秋冬野菜の準備を早くとアドバイスしても、まだナッテイル、モッタイナイとなかなかあきらめません。
これからは気温が下がって行きます。野菜の播きどき植えどきを間違う(遅れる)とあとが大変です。年配のお百姓さんから『秋の農作業は1日遅れる、収穫が1週間も遅くなる』と教わりました。夏野菜には未練があると思いますが、見切り千両とも言います。畑の衣替えをお急ぎください。



★ドミタスの利用契約は個人です。2008.09.06)
当社の運営する菜園について、契約当事者を会社、塾、グループなどにできないかとのお問い合わせがありますが、お断りしています。契約者は個人で菜園を利用できる人はご本人とその家族としています。その理由としては、@個人以外では利用者を特定できないこと、A1区画に多人数の利用者があると施設の利用に支障を来たすこと、B利用者間のコミュニケーションがとれないこと、などです。

ある菜園では個人の申込なのに、10人近くの人がどっと来て作業を始めたことがあります。皆仲間だとのことですが、そこに居合わせた他の会員さんにとっては脅威です。挨拶しようが誰が誰だかわからない、小さな子供などは驚いて親に抱きつく始末。イベントの時も団体さん登場で他の会員さんも遠慮がち。誰が主役かわからなくなります。

ドミタスの菜園は『
家庭菜園』です。個人とその家族が集い楽しく野菜づくりを楽しむ場です。今後は個人で申し込みでも、利用実態が団体で運営に支障がある場合には契約を解除します。
なじみの居酒屋さんに一見さんや団体さんを断るお店があります。だから、1人でも友人連れても、主や飲み仲間に一言かけて楽しいひと時を過ごせます。ドミタスもそうありたい。



★暮に収穫できるタマネギが発芽しました。
(2008.09.05)
2月にこのコーナーで紹介した暮に収穫できるタマネギが畑で芽を出しはじめました。このタマネギはホームセンターで売っているいわゆる『ホームタマネギ』のことです。3月に種まきをし5月に堀り上げ軒に吊るし乾燥させたものを、8月末に畑に植えつけたものです。この栽培方法は『セット栽培』と言うそうです(セットとはタマネギの小さな球のこと)。 栽培方法はこちらから。
小生は、タマネギの発芽を促進するために冷蔵庫に入れておくと良いとテキストにありましたので、古い冷蔵庫に200球ほど寒暖計と一緒に入れました。翌日見ると温度は零度そこそこ、だめかな。本日は夕方区役所で農業のあり方を勉強に行きます。居眠りしないように気を引き締めて。。。
写真は長津田第四です

マルチが白いのは地温の上昇を防ぐため 休憩所からの展望


★耕運機・農具のトラブルは、速やかにご連絡ください。
(2008.08.28)
もうすぐ9月。秋冬作の準備が始まり、耕運機・農具の使用頻度が増します。週末は耕運機が順番待ちになることもあります。耕運機が故障したり農具が壊れたりすると農作業に支障がでます。昨日も耕運機のローターが外れていて使えないとの電話がありました。
ドミタスの会員さんにはいない筈と思っていましたが、恥ずかしながらよくある事例です。
事例@ 耕運機が作業中に動かなくなるとそのまま戻す。
事例A 給油用タンクに燃料がなくなっても自分の区画での作業終わればそのまま戻す。
事例B 農具を自分の区画に放置する。農具の泥を落とさないで汚れたまま戻す。
事例C 農具の使用方法を誤り農具を毀損しても平気で戻す(草削り用の三角ホーを鍬の代わりに使用し、刃を折るなど)。
事例D 他の会員が待っていても長時間独占する。

耕運機については次の点を守ってください。
@、燃料を給油する際はゴミや土がタンクに入らないようにする(故障原因の一番がキャブレターの詰まりです)。
A、使用方法を守る。
  ア、作業時は区画の外周にあるロープを外す(ローターに絡まりカバー等を破損する)。
  イ、作業前に区画内にある紐、針金等を取り除く(ローターの心棒にからみつき、潤滑オイルの漏れがおきる。オイルシールの破損)。
  ウ、空吹かし、高速運転は避ける。
  エ、異常があったら作業を中止する。
  オ、次に使いたい人がいたら作業は20分以内で終わる。
B、自分の物と同じように大事にする(当たり前ですが、皆さんの共有の財産です)。
C、異常があったら速やかにドミタスへ連絡する。トンズラしない。
耕運機は定期的(年2回以上)に整備しています。故障に備え部品の用意はありますが、修理には時間がかかることがあります。
ルールを守って野菜づくりを楽しみましょう。



★アクセス件数が10万件を超えました。
(2008.08.24)

ドミタスのホームページを始めて7年3か月経ちました。今月でアクセス件数が10万件を超えました。右上のカウンターの72000は昨年3月にリニューアルするまでの件数です。本編の更新はたまにですが、会員さんのブログが人気でこの記録がでたものです。ありがとうございます。
会員の皆さんのHP・ブログをご紹介ください。野菜づくりの楽しいサイトになればと思います。


★タマネギの苗は自前で。(2008.08.24)
『割り箸ほどの苗が1本10円超!新タマでも安売りで30円以下なのに高すぎる。ガソリンも高いけどネギ苗も暴利だ!』 と、お考えの方には自前のタマネギ苗がおススメです。
タマネギマルチに直播する方法と苗床で育苗する方法がありますが、種代はせいぜい500円以下で済みます。百均(100円ショップ)の種でも立派な商品を育てる達人もいます。注意することは種を播く時期です。畑では人より早く播き早く収穫するのが【快感】ですがタマネギは別です。早すぎるとトウダチします(袋に書いてある播き時期を守ること)。早く収穫するには早生(わせ)の種を選ぶことです。苗床には畑の土より病気けのない培養土がおススメです。



★ビニール被覆で秋作の準備。(2008.08.24)
畑の土には雑菌や害虫が混じっています。菜園も同じで年を経るごとに出来栄えが悪くなることがあります。種を播いて芽が出てきたら根元から食われた、ダイコンの肌がザラザラになるなどの原因はこれです。農薬を使い防除することはできますが、無農薬にこだわるならビニールの全面被覆です。
今回は2か所の菜園で試験的にやってみました。種苗店のアドバイスは@堆肥や肥料を入れ耕運機で転耕し、土をならし水をたっぷりかける。(畝作りまでしておいた方が良いとのアドバイスも)Aビニールを全面に張り、周囲を支柱や土でおさえる。B4週間以上おく。
土の温度は80度近くなり、表面から20cm以内は雑菌も害虫も雑草の種も死滅するそうです(畝作りをしておくのは、後で耕運機などを使うと下の土と混ざってしまうのを避けるため)。今回は熱に強いコフナ菌を土に入れてあります。
結果が良ければ来春からビニール(幅4.6m)、コフナ菌を頒布します。


北八朔bP 全面被覆 下谷本bP 全面被覆 北八朔bP0 部分被覆
天気の良い日にはビニールの表面が触れないくらい熱くなっています


★スイカ畑運営委員会よりのお知らせ(掲示板から転載)。
(2008.08.20)
スイカ畑もあと10日を残すのみとなりました。当初雨で実の付きが心配されましたが、昨年並みの収穫があったようです。今回は参加者の自主運営の形をとっています。終了後には畑をきれいにして戻してもらうことが条件です。参加者には手紙で連絡をしているようですが、掲示板に掲載されたものを転載します。

【8月12日】前回お知らせしましたスイカ畑の閉園処理について、運営委員会から利用者各位に再度お願いとお知らせを致します。
収穫を終えた区画をそのまま放置している方や、栽培を中断して雑草を生やしている方が見受けられますが、区画利用期限の30日正午までには全て処理を完了するよう重ねてお願い致します。
期限までに未処理のままとなっている区画については、ペナルティとしての負担をお願いすると共に、この掲示板にてお名前を公表させて頂きます。
なお、経費節約のために、この警告はこの掲示板に掲載すること以外の方法ではお伝え致しませんので、ご覧になった方はお近くの区画利用者にも口頭伝達下さるようお願い致します。

【8月19日】第二回スイカ畑ご利用者には既にご案内しておりますが、スイカ畑閉園式を8月30日(土)午前10時から挙行致します。
現在、栽培を終了して、または諦めて雑草を茂らせている区画も見受けられますが、30日の閉園式に参加できない利用者におかれましては、次のように作業されますようお願い致します。
1.ビニルシートや紐、杭、ネットなど、各自持ち込んだ全ての農業資材は8月30日までにスイカ畑から撤去して下さい。区画に残された場合は、後日運営委員会から区画利用者に処理費用を請求させて頂きます。
2.利用区画の雑草や栽培弦、敷き藁などの植生撤去物は、区画の隅にまとめて山に積んでおいて下さい。運営委員会が最終的に集積処理します。
注意:特にビニル・プラスチック系の廃棄物と植生撤去物を混在させないようにお願いします。運営委員会メンバーのボランティアに負担がかからないようにご配慮下さい


★熱中症にご注意。(2008.08.05)
昨日(8月4日)午前9時過ぎに、菜園で熱中症にかかり救急車で病院に搬送された方がいます。ご本人は水は十分摂っていたと話されていたようですが、顔面蒼白となり嘔吐も重なり仲間の人が救急車を呼んでくれたそうです。
天気情報での気温より炎天下の畑の気温ははるかに高くあなどれません。陽に当たっていない休憩所内の寒暖計が40度を超えるのはいつものこと。柱やテーブルをさわると実際暑く感じます。ご注意ください。

軽い熱中症
腹痛、手足や腹筋などの痙攣。数秒間程度の失神。脈拍が速くなり、呼吸数の増加。顔色が悪くなる。めまいなど。
中度の熱中症
頭痛、めまい、失神、吐き気、嘔吐。血圧の低下など。
重度の熱中症
意識障害、過呼吸、ショック症状。全身の臓器の障害が生じ死に至ることも。



★長津田第三、8月の『クリーンデイ』
(2008.08.06)

長津田第三の『クリーンデイ』の写真が届きました。有志の呼びかけで始まった、菜園の掃除をするイベントは7月から始まり今回で2回目となります。有志作製の掲示ポスター(呼びかけのポスター(PDF)流し場での注意事項(PDF))。
このイベントをHPで紹介したところ、他の菜園でも休憩所周りの清掃や草取りが始まっています。ありがたいことです。



★下谷本第一のイベントを延期します。
(2008.07.26)
下谷本第一で8月前半に開催を予定していた懇親会(豊作祈願祭)を9月に延期します。参加見込人数が多く休憩所と仮設のテントだけでは日除け対策が万全ではないために、涼しくなるまで待ちます。長津田第四・第五の懇親会も同様とします。


★『スイカ畑』収穫始まる。10kオーバーも続々!
(2008.07.26)
4月に始まった『スイカ畑』で収穫が始まりました。5月頃の天候不順で実のつきが心配されましたが、7月20日頃から収穫が始まりました。「チョッと早すぎた」の嘆きはいつものことですが、金子さん特製の体重計(棹秤)が大活躍し計量結果が報告されています。現在のところ端山さんが11kgほどでトップです。写真は上原さんから届いたもの。
計量中。スイカは袋の中 よいしょっと ウエストかバスとか? 食べてみなけりゃわからん


★畑をきれいに!長津田第三の『クリーンデイ』
(2008.07.10)
長津田第三では、7月6日午前10時から菜園の一斉清掃が行われました。十数名の方が約1時間ほどかけて休憩所や通路などの清掃、伸びた雑草の刈り取りなどをしました。会員有志の方の発案で、毎月第一日曜日を『クリーンデイ』とし菜園の環境美化に取り組まれるそうです。
皆さんご苦労様でした。ありがとうございます。


★野菜ドロボー対策は。
(2008.06.29)
これからトマト、キュウリ、トウモロコシの収穫が始まります。収穫時期を知っているのはあなただけではありません。目のいいカラスが電柱から見ています。全部食べてくれるなら、やつらも腹が減っているだろうから許してやるが、少しだけつついてだめにするのが許せない、とは一般論。つつかれたトマトは食べる気がしません。
対策として、@釣り糸(安いナイロン製、1000mで1000円ほど)を横にはる(羽に当たるので嫌うそうです)A防鳥ネットで覆う(ネットは驚くほど安価です)がおススメ。Bタヌキ対策はネットを地面にしっかり固定し、隙間から入らないようにする。
鳥害が多い菜園では区画全体を防鳥ネットで覆っているケースもあります。見てくれが良くないのでおススメしません。写真はいぶき野の農家の畑(約1500u)。

人間がやる野菜ドロボーは『野荒し』と呼ぶそうです。ある人から野荒しはドロボー(人の家に入り盗む)より罪は重いと聞いていました。明日収穫しようと思っていた初なりの大きなトマトを盗まれたらショックは大きいですよね。でも損害額は慰謝料や人件費を考慮してくれず、スーパーなどの値段が参考になると○○円ほど。
昨春、青葉警察署に電話でお尋ねしました。家に入るドロボーの方がはるかに罪が重いそうです。戸締りをして・鍵を掛け・盗まれないようにしてある所にわざわざ入り込み高額の金品を盗むことは、何もしていない畑で盗むより重いとのこと。
何故か家庭菜園の野荒しは年配の女性が多いんです。男ならぶん殴ってやるんですが、背向けて出てゆくのをただ待つばかり。さみしいですね。ドミタス・ファームに柵があるのはこのためです。



★クラー満杯の鯵!、第四回『ドミタス釣の会』釣課報告
(2008.06.29)
台風の余波のため延期になった第四回『ドミタス釣の会』は、6月25日(水)に精鋭4名(日程変更で少なくなり)で久里浜黒川丸に乗船しました。早めに行って大とも(船の一番後ろの釣座、良く釣れる場所)を確保しようと6時前に船に到着したらもう先客が数名。右舷中央に4人が並びました。
始めは鯖ばっかり。大きいのは50cm近くあり、シメ鯖用にさば折(首を背中の方に折る、豊登の得意技)し、はらわたを抜いてクーラーに確保。ま〜お土産にはなるな、これが各自数本ほど。
その後場所を移動、これからは鯵のオンパレード。南蛮漬けサイズはなく皆25cmオーバー。ポツポツト35cm以上も混じり始め、仕掛けをおろせば釣れる状態が続きました。終わり頃になると手元のバケツには鯵がいっぱい、クーラーに入りきれないほど。優先順位をつけて鯖は船頭のクラー行き、久し振りの『好釣』を堪能しました。会長(長津田第三の本橋さん)は50匹弱をゲット、皆満足の楽しい釣行でした。
カメラを忘れ写真はありません。船宿のスナップを見てください。
28日に外道で鯛や平目が出ている走水の午前船に乗りました。確かに外道がいっぱい。ネンブツダイ、メバル、サメ、ドンコ、カサゴなど。終了間際に大鯵が1匹(5,500円)、欲をかいてはいけませんね。



★私の名前は『楮(こうぞ)』です。
(2008.06.26)
6月23日に『私の名前を教えてください』とお願いしましたが、昨日掲示板に偽瓢虫(てんとうむしだまし)さんより書き込みをいただきました。私の名前は『楮(こうぞ)』でした。この木の皮が製紙の原料に使われるものでした。
ネットで調べてみると、この木の花もなかなかきれいなもので庭木にも最適、株を増やしてみようと思います。いくつかのサイトを見ましたが、この実が食べられるなどとはどこにも書いてなかった、だからメタボか?
偽瓢虫さんありがとうございました。偽瓢虫さんには以前サツマイモの蔓がどの向きで支柱に巻きつくかも教えていただきました(サツマイモは朝顔を同じヒルガオ科だそうです)。
詳しく見るには  説明(ウイキペディア)  画像



★ラッキョウの達人。2球が42個に。
(2008.06.23)
ラッキョウの収穫が始まっています。皆さんの畑ではいかがですか。
今回ご紹介するのは、しらとり台第一近くの畑でラッキョウを栽培していた土志田さんご夫妻の秘伝です。写真で見るようにラッキョウはすべて親指大の大きさです。一株で40個以上付いていて小さいやつはありません。大きくなりすぎて、株の間に空間ができてしまい、陽に当たって緑色に変色しているものもあるそうです。
土志田さんも何十年もラッキョウを栽培していたそうですが、いまひとつ粒が揃わなかったそうです。今までは収穫したとき小さいやつをそのまま種芋として植えていたそうです。
『十五夜に種芋を植えると十五倍になる』と近所の人に教えられ、6月に堀り上げた球を軒下に吊るし9月後半に2玉づつ植えました。近所の農家さんもラッキョウの葉がたいそう茂っているのを見て、何か特別な肥料などをやっているのではないかと思っていたそうです。
【結論】@6月中に掘り上げ、干しておく。A9月後半に2玉づつ植える。これだけです。エシャレットなどにも応用できるかも。挑戦してみてください。ちなみに、1kg500〜600円ほどで分けてもらえるそうです(連絡は26日までメールにて)。
葉が太くて長い 株の中心に穴が これで一株です
43個ありました 少々大きすぎる? 達人ご夫婦


★私の名前を教えてください。(2008.06.23)
私は最近オープンしたドミタス・ファームの端に生えている高さ3mほどの落葉樹です。先週ドミタスの太った管理人さんがトラクターで近くで作業していて見つけられました。赤く美しい丸い実がいっぱい付いていましたが、毒かどうかもわからないのに、数粒をパクリと食べられました。それから2日、今度は美人のおばさんたちがやってきて。。。。
メタボおじさんも見たことがないそうです。ネットで調べても大変でギブアップ。だれか私の名前を教えてください。
直径1cmほど 木肌は桑みたい


★地球温暖化対策に『市民農園の拡充』〜環境省提示〜
(2008.06.21)
6月18日(水)の朝日新聞の夕刊一面に環境省が地球温暖化の日本への影響とその被害を抑える対策をまとめた報告書を公表したとの記事がありました。影響と適応策の例が表になっていて、生活面については影響を及ぼすのが農産物などの高騰で家計負担増、その対策として市民農園制度の拡充となっています。
温暖化対策の中に市民農園が注目されるようになったのでしょうか。これからは、野菜づくりも楽しみだけでなく【成果】が問われる時代です。ドミタス・ファーマーよがんばってください。
環境省のHPからこの項を見てみると、将来予想される影響の例を、安全な暮らし、健康な暮らし、経済的に豊かな暮らし、快適な暮らし、文化や歴史を感じられる暮らしの5分類分けています。3番目の経済的に豊かな暮らしの中で、食料生産が温暖化によって農作物の収量や品質が低下することで農作物価格が上昇し、食費が増大する可能性があることを指摘しています。その適応策として自治体や政府が、高温に強い食料品種の開発支援策、農業振興施策、市民農園制度の拡充をあげています。

環境省の報道発表のサイトはこちら 市民農園の拡充が載っている資料はこちら(PDF)
小生は市内における菜園の区画数を世帯数の2%は必要(先日来社され菜園を視察された方は4%以上と話されました)と考えていますが現在の供給数は遥かに少なく、さらに東京に限らず都心部に住む人にとっては立地面で通うことは不可能に近いが現実です。



★肥料が値上がりする?
(2008.06.20)
昨日の朝日新聞の1面に『肥料1.5〜2倍に値上げ-全農、リン高騰で来月-』という記事が出ていました。とうとう値上げの波は畑にまで押し寄せてきました。記事では高度化成(窒素:リンサン:カリ=14:14:14)20kgあたり2100円程度のものが2倍になると4000円を超えるとありました。ホームセンターではこれが現在1400円ほど、一体どこまで上がるのでしょうか。買いだめしますか。
メタボなタマネギが松川さんの畑でとれたそうです。重さ780g、胴回り42cm、味のほどは判りません。試食希望者に進呈します。
大3個、他は普通 どんぐりの赤ちゃん


★ジャガイモのメタボにご注意。女王様が角を出す。
(2008.06.11)
今年のジャガイモは作柄も良いようです。ジャイモの収穫は葉っぱが枯れ始めたらとか言いいますが、早い時期に種芋を植えた場合大きくなりすぎることがあります。大きいことは良いことですが、身割れしたり中に『ス』が入ったりすることがあります。メイクイーンなどはこぶがボコボコできてしまいます。農家の人はジャイモが角を出したと言って笑います。気になる方はさぐり掘りして、大きさを確かめてください。
小生、メタボを気にしていますが、畑の会員さんにはメタボの方が少ないような感じがします。なぜでしょうか。
角が出た?女王様 ひび割れたキタアカリ


★暮に収穫できるタマネギの堀り上げ(2008.06.11)
暮に収穫できるというタマネギの堀上が始まりました。3月に播いたものが直径2〜3cmに成長しました。多少不揃いがありますが、大き目の方から順次堀り上げ涼しいところで乾燥させます。種苗店の社長から上手い人(農家さん)なら1袋で2000本くらい発芽させると聞きましたが、概ね1000本出ました。掘り上げた良品は約半分ほど。アップで見るとタマネギそのものです。
これを9月に植え、暮に収穫する予定です。4か所ほどの菜園で試してもらっています。暮の新タマ、楽しみです。
内田さんは50本で束に 佐藤さんは几帳面に 小さいのは
シチュウー向け?
一緒にに播いたポロネギ
葉は水仙みたい


★匠の技に助けられました。
(2008.06.03)
昨年春に掘った井戸から砂が出てしまい、同じ敷地内に再度掘ることになりました。砂が出た原因はナイショ、要は技術が未熟なだけです。
井戸掘りの機械の主役はボーリングマシンとポンプです。ポンプの役目はボーリングマシンで掘る穴に水を送り、刃先を冷やすと同時に刃先で削った土砂を地上に上げることです。ポンプは砂交じりの水を送るため部品の消耗が早く、消耗が進むと水量が減り掘削ができなくなります。

作業を始めると水の出が悪、交換部品を注文。品物は届きましたが、手元にあった部品を交換するボルトがだめ。手配を頼んでも、製造もとにももうないようだとの連絡。螺子専門店やボーリング屋さんを訪ねても『ありません』の一言。ならば、重機屋さんはどうかと訪ねると答えは同じ。
さてさて困ったものだ。

社長さんが『隣は旋盤屋さん、プロだから簡単に作れると思うよ。一緒に行ってあげるから相談してみては』とアドバイスしてくれました。旋盤工場の社長さんも快諾してくれ、翌朝1時間ほどで完成しました。鉄にも種類があって、今回の材質は硬いモリブデン鋼だそうです。
直径5cmほどの円柱を削り胴の部分を
作った後ねじ山を掘る。
インチピッチで珍しいものだそうです
頭を6角形に削る
フライス盤を使用
社長さんとフライス盤

社長さんにはご多忙中にもかかわらず気持ちよく引き受けていただき感謝しています。プロなら当たり前かも知れませんが、目の前で鉄の円柱がボルトに変身してゆく様子を拝見し、技術の素晴らしさに感動しました。


★『ドミタス釣の会』は25日に延期になりました。
(2008.06.03)
何を勘違いしたのか、6月4日を11日と訂正しましたが、4日が正しかったです。お詫びします。
さて、台風の影響で海が悪いので、釣行日は6月25日(水)に延期になりました。



★第四回 『ドミタス釣の会』参加者募集
(2008.05.25)
第四回『ドミタス釣の会』を次のとおり開催します。ふるってご参加ください。初心者歓迎です。主催:ドミタス釣の会(会長本橋さん)
【募集要項】
1、釣行日  2008年6月4日(水、大潮)
2、船  宿  久里浜黒川本家  HPはこちら  
3、魚  種  鯵
4、費  用  乗船料金と交通費で約10,000円
5、申  込  メール・ファックス(045-983-7158)・ハガキにて
5、集  合  長津田第三に午前5時集合してください
6、備  考  貸し道具あります



★お節介な話ですが。(20085.05.19)
ハタケンポさんのブログにもありましたが、今日『石灰』が注目されています。野菜にバット撒くだけで病害虫が減り、出来栄えも良くなる。農業雑誌『現代農業(農文協刊)』に一昨年頃からしばしば記事があり6月号では特集となっています。消石灰あるいは苦土石灰の粉末をバサバサ葉などにかけると効果テキメン。
ジャガイモは花が咲いた頃に葉っぱおよび根元に振ると、にきび面でないすべすべした芋ができる。ニンジンに振ると身われが少なくなる。キュウリは霜が降るまで収穫できた。などなど。
苦土石灰の粉末はスーパービバホームで298円(20kg)で売っています。
雑誌については、各菜園1部代金を補助します(ただし休憩所に常備)。ご希望の方はメールで。
信じるものは救われる


★3月播きのタマネギが、ネギに成長。
(2008.05.19)
2月17日に『暮にタマネギを収穫しよう』と書き込みをしました。現在7か所の畑で挑戦されています。北八朔第一では、3月中旬に播いたものが20cmほどに成長しています。その根元を見るとビー玉大に大きくなっています。もうネギに間違われることはありません。種類は極早生(わせよりもっと早生という意味、最近は超極早生なんてあります)、成長が早いんですね。
この栽培方法が上手く行くと、@極早生で4月に収穫、畝には夏野菜が植えられる。A暮にはしなびたタマネギではなくシンタマを食べられる。
ただし、種は少しばかり高いです(百均にはありません)。家庭菜園ではやっているところはないようです。逐次報告します。

北八朔第一の様子(08.05.19)


★ジャガイモは花が咲いたら収穫できます?(2008.05.19)

スーパーには新ジャガが出回っていますが、これが結構高い。我が家にも卵より少し大きいジャガイモが買ってありました。もったいない、もったいない。言ってくれれば持ってきたのに。。。。
『さぐり掘り』という方法があります。ジャガイモは上の方(地表に近い)に大きい芋ができます。根元から少しづつ土をかき分けていくと、ジャガイモが顔を出します。3月初め頃に植えたものなら1株で1、2個はあります。これをいただいて、土を戻しておきます。新ジャガをゲット、残った芋の成長には影響が出ません。しらとり台第一のご夫婦も「こんなに大きいのが取れました!」と喜んでいました。お試しあれ。
初物のキュウリ コンパニオンプランツ
ピーマンとネギ
四国のサツマイモの収穫方法としても有名です。でも、過ぎたるは何とか、ほどほどに。


★紫蘇ジュースを作りましょう。
(2008.05.11)
赤紫蘇といえば梅干の色付けですが、これから作るジュースは色も鮮やかでさっぱりした味です。会員さんの中には紫蘇を60本以上栽培して、ジュースを作り知人に配っている方もいます。作り方も簡単、健康にも良いそうです。通販では900cc入りで1,380円売っていました。挑戦してみてください。3本くらいあれば2000cc以上できます。飲むときは3〜5倍に薄めます。
作り方はこちらから。
昨年の種がこぼれた実生苗
上の写真はしらとり台第二の地主さんの畑のようす。声をかければ分けてもらえるかも。


★しらとり台第一のイベント
(2008.05.02)
しらとり台第一の春の宴会。【春爛漫、ゴールデンウィークスペシャル】が明日(5月3日)午前10時から開催されます。会費は1000円(同伴の奥様、お子様は無料)、飲み物は持参です。
しらとり台第二は5月18日(日)、現地の掲示板をご覧ください。
菜園のイベントは各菜園の自主開催ですが、下谷本第一、長津田第四・五についてはドミタス主催で6月に開催します。詳細は現地の掲示板にて。



★菜園の樹木を撤去してください。
(2008.05.02)
利用規則・細則には、利用区画には樹木の植栽を禁止と定めています。皆様にはこの利用規則・細則を遵守することをお約束いただきいた上で、利用いただいています。
近頃、区画内に果樹等を植えている方が何人かいるようです。口頭ではご注意していますが改められません。また、他の利用者から規則違反であり不公平ではないかとの抗議も複数いただいています。植えてしまえば既得権と誤解している方もいるようですが、禁止事項です。
今後、該当の方には文書にて撤去をお願いし、改められない場合には退会いただきます。
雑草の放置、隣接通路の除草も同様に対処させていただきます。
サッカーではありませんが、
イエローカード2枚で、レッドカードになります。


★サトイモを植えましょう。(2008.04.25)
畑の新人さんは、収穫まで時間がかかる野菜にはあまり挑戦しません。しかし、時間がかかる野菜には美味しいものがたくさんあります。ゴボウ、ミツバなどはこれから種を蒔いて冬から春先に収穫します。
サトイモももうじき種芋を植えます。10月から3月頃まで収穫できます(茎を切って土を20cmかければ冬越しOK)。土から掘ってすぐ調理したサトイモはスーパーにあるものと全くの別物です。種芋は園芸店で入手できますが、なければご自宅の冷蔵庫のなかからお持ちください。
ご注意:サトイモに触れるとシャツなどにシミが付きます。洗ってもとれません。
サトイモの花


★【スイカ畑】スタートしました。
(2008.04.22)
定員25名で募集しましたが、ハガキの到着遅れ等で総勢34名のスタートとなりました。大雨の予報があり前々日にトラクターで耕転しておきましたが、当日(19日)は予報が大外れで朝から太陽が輝いていました。ほぼ全員が集まり、前年のゴミの撤去、区画割、抽選をしました。雑誌の取材もありましたが、掲載されるか否かはわかりません。翌日には苗を植えてる人もいました。どんなスイカができるか楽しみです。
数日前から準備をいただいて金子さんはじめ運営委員の皆様、ご苦労様でした。
スイカ畑名簿
区割完了・ピンク色の
札は猪飼さん特製
区画割の説明・道路側は
盗まれやスイカ
?寒
特大スイカができるよう
祈念して、万歳!!
長津田第二
芝サクラが見頃です


★【スイカ畑】、募集締め切ります。(2008.04.13)
4月13日8時の時点で31名の申し込みがあります。定員を超えましたので募集を締め切ります。今後ハガキでの申込(消印の日付)を待って、16日頃に参加者に通知します。第一回の集合は4月19日、午前10時です。


★長津田第五、第一期開園します。(2008.04.12)
長津田第五(第四に隣接)が一部開園します。第一期として15区画の募集を開始します。利用開始は13日以降です。
この菜園は里山に囲まれた別世界、ウグイスは鳴き、キジも出現すします。
菜園の中央に立ち、西から北、東方向の画像です。パノラマの編集ができませんので一枚づつご覧ください。


★【スイカ畑】ポスターができました。
(2008.04.08)
しらとり台第二の猪飼さんに飛び切り美味しいポスターを作ってもらいました。専門家に頼んだらうん十万円はかかりそうです。
現在20名の申し込みがあります。ご希望の方はお早めに。



★【スイカ畑】参加者募集
(2008.04.05)
昨年に続き今年も【スイカ畑】を開催します。昨年は終了時の片付けが不十分で後始末が大変でした。今年は数名の有志を募り、きっちり運営してもらいます。
【募集要項】
1、期   間  2008年4月19日〜2008年8月31日
2、会   場  青葉区さつきが丘28番地内(環状4号線 下台信号横)
3、区   画  25区画(予定)
4、応募方法  メールかハガキにて(先着順、電話不可)。ドミタス・ファーム会員に限ります。
5、集   合  2008年4月19日(土) 10:00に現地集合(雨天の場合は翌日)。
6、備   考  連作障害があるので接木苗を植えてください。



★NHK『趣味の園芸やさいの時間』に石井さん登場!
(2008.04.03)
テレビの園芸番組といえば、NHKの『趣味の園芸』が定番です。この番組はいままで『趣味の園芸(総合)』と『趣味の園芸プラス(教育)』がありましたが、4月から新たに『趣味の園芸ビギナーズ』と『趣味の園芸やさいの時間』始まります。
新番組『趣味の園芸やさいの時間』の第一回目に、緑区長津田第一の石井さんが登場します。番組のミニコーナー【私のやさいの時間〜ご自慢の畑の画像〜】で取り上げられます。内容は見てのお楽しみ!
放映時間は4月4日(金)21:30〜21:50、教育テレビです。番組のホームページはこちら



★雑誌の取材がありました。
(2008.03.29)
隔月刊のガーデング雑誌『BiseS ビズ』の取材が26日北八朔第一でありました。
今回は菜園でハーブを主に栽培している六鹿(むしか)さん夫妻が登場します。区画での作業風景や休憩所でハーブティを飲みながら寛ぐ様子をカメラにおさめていたようです。ちなみに六鹿さんはパテシエ、テーブルの上にはお手製のクレープやクッキーもならべられていました。おすそ分けをいただきました。美味しかった!役得です。
雑誌のホームページはこちら
年内には六鹿先生のクッキー教室を開催予定です。乞うご期待。



★ご挨拶
(2008.03.29)
2月後半から臨時休業させていただきましたが、長引きようやく復帰することができました。期間中には利用者の皆様、関係者の皆様には多大なご迷惑をおかけしたことをお詫び申しあげます。
開園が遅れていた長津田第五は4月5日に開園します。また、菜園施設の補修等については順次行います(当該菜園の掲示板ご参照)。


★臨時休業
(2008.03)
2月末から3月7日頃まで体調不良ならびに私事多忙により休業させていただきます


★テレビ取材がありました。(2008.02.23)

2月22日にしらとり台第二でテレビ取材がありました。番組名はTBSテレビの『あすのそら色』というお天気番組です。
放送時間は 2月24日(日) 18:25からです。 時間がある方はぜひご覧ください。小生は出ていません(家族を含め出ない方がドミタスのイメージを損なわないと言う意見に従いました)。
しかし、わずか2〜3分の放映のために3時間もかけて撮影するなんて大変ですね。一緒にいるだけで疲れました。
キャスターと佐藤さん 耕運機の使い方を
伝授する安藤さん
談話風景
焼きネギをむいている



★お役立ちサイト発見。(2008.02.17)
野菜づくりのサイトは一杯ありますが、これもおすすめです。
財団法人食品産業センターのあぐりチャンネルです。ここから調べたい野菜をクリックすると、観察、農作業、歴史、流通、農産物、料理、コラム、クイズのコーナーがあります。成長段階の写真あり、種まきや植え付けの写真ありで見ごたえあります。どこが原産地かも紹介されていて勉強になります。奥さんやお子さんに話せば『お父さん、偉い!!』は確実。料理のコーナーでは栄養分析表も出ています。でも、野菜って90%以上が水、何だか寂しいですね。


★暮にタマネギを収穫しよう!(2008.02.17)
タマネギの収穫は6月頃が普通ですが、近頃は『早生』、『極早生』の品種もあり3月頃から収穫できるようになりました。保存がきく野菜ですが暮にもなると乾燥してきたり、芽が動き始めたりして美味くなくなりますが、朗報があります。
【種から始めて暮に収穫できるタマネギがある】と種苗店から教えていただいた話です。
栽培方法はセット栽培。簡単に言えば、秋に売っている小さいタマネギ(商品名:ホームタマネギなど)の玉を自分で種から作るというもの。セット栽培とは玉を植えて大きくするものらしいです。ホームタマネギは小さな袋に入っているものでもすぐ何百円もしますが、3000粒ほど入っている種袋(1200円ほど)から上手い人(農家の中でも)なら2000本は発芽するそうです。
種まきは3月中旬、5月後半に掘りあげて乾燥。8月末頃に畑に植え付け、11〜12月に収穫となります。ネットで調べたら詳しい栽培方法が載っていました。こちらから
ぜひ挑戦してみてください。先着10名に種を差しあげます(1/2袋)。



雪はいいですね〜(2008.02.10)
約2か月のご無沙汰でした。これからしっかりやります。
今年は雪が3回も降りました。ドミタス・ファームの開園直後の2001年の冬も、大雪が3回もありました。懐かしい写真をご紹介します。
今回の写真はハタケンポさんノブさんのサイトをご覧ください。
あの頃みんな若かった!左から渋川さん、嘉村さん、松川ジュニア

これで解った人は偉い!
全体像

ヒントの種:
当地の特産物

アップ

白いものは雪だけではありません。何でしょうか?三浦半島で見つました。