2011年(平成23年)
 



★自動車の霜除けはラップで。(2011.12.29・30)
@今年の冬は平年に比べ寒いようです。畑の水道が凍って水が出ないことはありましたが、恩田第一では水道管が破裂しました。周りに遮るものがなく吹きさらしの菜園では凍結防止対策をしていましたが、それ以外の所では水道管(塩ビ管)が外気にあたった状態でしたが、今まではトラブルがありませんでした。1日がかりで数か所の菜園に出向き作業をしてきました。
A畑で作業をするときには、朝8時に作業小屋(青葉区しらとり台)に集合してから現場に向かいます。今の時期は車のフロントガラスに着いた霜取りが面倒で、ひどい時には10分くらいエンジンをかけないととれません。車内にいても寒く何とかならないかとないない頭を絞りました。サランラップとかクレラップという商品名の食品用のラップフイルムが浮かびました。空から降ってくる水分が霜になるなら、ラップをかけておけばフロントガラスに着かないのではないか?
これが大正解!!朝にペロっとはがせば全部とれます。孫の送迎をしている女房にも大好評です。でもラップをかけるのは暗くなってからでよく見えません。そう、ラップの端はどこ?なんて失敗もありました。、
B昨年から緑区いぶき野で田んぼ(岩川沿いの1軒屋の隣り)で裏作にタマネギを栽培しています。多分牛丼の吉野家さんがやっているのだと思います(記事はこちら)。ここでは苗を植えた後、直ぐにビニールトンネルをかけます。風で飛ばされていることもありますが、5月には収穫が終わっていました。皆さんのタマネギにもやってみては。会社のHPによると収穫後1か月ほど倉庫で熟成させるそうです。5月にタマネギが終われば他の夏野菜を植える場所が増えますよね。注:植えたタマネギの苗は早生種だと思います。



★目から鱗。【簡単モグラ退治法!!】 
(2011.12.20)
皆さんの畑を荒らすモグラ。風車、わな、農薬他、モグラ退治の方法はいろいろあるが成功談は聞いたことがありません。退治できるなら10,000円払っても構わない、と思う方もいるでしょう。
長津田第二の盛田さんが考案した退治法を紹介します。これで1か月に3匹ゲット!
 @モグラの通る道(潰してもまたできる道)に直径30cmほどの穴を40cmほど掘る。
 A穴にブリキのバケツを埋める。バケツの口は地面から10cmくらい下になるようにする。
 B周りの土をはぎ取りべニア板を被せ、土をかける。
つまり、モグラ道に落とし穴を仕掛けるものです。落とし穴は縄文時代から獣を獲るために使われていたそうです。祖先の知恵?
捕まえたモグラの写真は省略しますが、動物好きの盛田さんは近くの雑木林に逃がしてあげたそうです。
盛田さんのレポート(pdf)は こちら から。
皆さんお試しあれ。結果も教えてください。



★ドミタス・ファーマー 漁にでる!
(2011.12.09)
しらとり台第一の釣り名人中川さんからお誘いを受け、会員さん2名と久里浜の船宿からアマダイ釣りにでました。アマダイはおでこ(釣果ゼロ)覚悟と言われていますが、腕か、船頭か、はたまた潮回りが良かったのか全員姿を見ることができました。でも暗いうちに起きて、海の上で数時間も竿を上げ下げするのは重労働。歳のせいか腕の痛みは翌々日にでてきました。
暖かくなったら半日釣りの鯵に行きましょう。
竿頭の中川さん(5匹) 特大鬼カサゴも日名子さん(4匹 ホウボウ沢山の松川さん(3匹) 少数精鋭?(2匹)


★力士用の杵。
(2011.12.04)
畑のイベント用に杵を新しく購入しました。現在使用中の杵は大人用で頭の部分が4寸(10.5cm)ですが、新品は4.5寸(13.5cm)ありあます。この杵を通販サイトでは特大、あるいは力士用を称しています。
最近のドミタス流の餅つきは『手抜き』が主流。普通は蒸かした餅米を臼に入れ杵で煉り潰す作業から始まりますが、この作業は熟練を要しかつ重労働です。もたもたしていると餅が冷めて硬くなってしまいます。イベントに参加される方のうち若い方は技量不足、年配の方は体力不足。これを解消するのが餅つき機です。煉り作業は餅つき機にお任せして、10分ほど機械で煉った後臼に入れ仕上げます。こうすると餅も冷めず腰のある餅が出来上がります。ただ餅が冷めていないためやわらかく、通常の杵では力を入れてつくと餅を突き抜けて臼に直撃することもままあります。そこで大きい杵を購入。重さは6kg増し、餅に当たる部分の面積は4割り増しです。さて、使いこなせるでしょうか?今回は電気のない池辺町第一に重さ50kgの発電機まで運んでどっちが楽だか?

食べ方はきなこもち、からみもち、あんこもち、なっとうもちなどですが、一度、『おかねもち(お金持ち)』にも挑戦しました。これは蒸かした餅米の上に金箔をふりかけてつきあげ、白い餅の中に金色の点々が見えるだろうと考えたもの。このアイデアに賛同者続出で早速”ためしてガッテン”。つき始めて直ぐ金箔は何処かに消え、伸ばしてみても姿は見えませんでした。楽してお金は手に入らない、でした。

池辺町第一ではたこ焼きもやるそうですが、美味しいたこ焼きの作り方は こちら から。
HPの更新が途絶えていますが、月2回を目標にがんばります。



★都筑区池辺町第一の収穫祭は4日に延期。
(2011.12.01)
12月3日に予定していた収穫祭は当日は雨の予報のため、4日に延期になりました。


★ホームページ・ブログをお知らせください。
(2011.10.07)
会員さんのブログのページに新たに『四季菜遊土 菜園倶楽部』が登場しました。1日のアクセスが数百件以上あるそうです。
ドミタスの会員さんは現在450名ほど。ブログやホームページをお持ちの方も少なくないと思います。ご自身の野菜づくりや料理など菜園に関係あるブログ・ホームページをお知らせください。
みんなで野菜づくりを楽しみましょう。


★ドミタス発祥のお店。(2011.09.29)
緑区北八朔第一で開園以来のメンバーだった阿部さんが埼玉県に引っ越されました。阿部さんは青葉台駅近く(ドミタスの事務所のすぐそば)で40年近く小料理屋を営んでいました。実はこのお店でドミタス・ファームは誕生しました。
今から16年前、店の飲み仲間10人で恩田川沿いにある200坪ほどの畑で野菜づくりを始めました。仲間の職業はさまざまですが、始めてみると皆『畑にハマって』いました。休日はもちろん、昼休みにも飛んできて収穫作業をしています。やがて子供から『畑に恋人がいるの?』なんてからかわれる始末。土日も畑・畑。この人は今までどうやって過ごしていたんだかと思うほどでした。
こうした姿を見て、家庭菜園が事業として成り立つのではないかと考えるようになりました。4年ほどで畑を返さなければならなくなりこの畑での野菜づくりは終わりましたが、2000年秋にドミタス・ファームの第一号が開園の運びとなりました。
阿部さんには翌年開園した緑区北八朔第一の皆さんいろいろアドバイスをお願いしただけでなく、イベント等にもご協力いただきました。
引越し先には150坪の畑を確保してあるそうです(大地主!!)。やめられないとまらない。

写真:上段は9月18日の送別会。下段はスナップ。
しらとり台第一を借用 開宴2時間前から主賓が調理しています(マジ?魚は鯵)。(大鯵は走水沖の手釣り)
筍掘り カボチャ選手権のセルフサンドも阿部さん特製 お店で忘年会。
別々の畑のメンバー


★堆肥までも。
(2011.08.02)
久し振りの更新です。盗まれたトラックの代替品の購入資金を稼ぐため、炎天下井戸掘りに専念していました。2か月かけて138mと35mの井戸を掘りました。岩が固く難儀し日数もかかったため儲けはわずか。世の中甘くないですね。これから畑のメンテナンスに頑張ります。

堆肥の汚染問題で農協やホームセンターから堆肥がなくなりました。秋野菜の準備に堆肥は欠かせませんが、入手が困難になりました。会員さんからの依頼もあり、500kg入りの大きな袋で取り寄せている富士山の麓の朝霧高原で作っている堆肥の在庫を確認しました。残念なことに『山梨県産の堆肥も規制対象』との回答でした。当面は打つ手なしです。
規制対象の17都県名が載っている農水省の通達は こちら



★ホタル観賞会。
(2011.06.12)
緑区長津田第四の会員の木下さんが秘密のホタルの生息地に案内してくれます。ドミタスでのホタル観賞は8年ぶりとなります。
要綱は次ぎのとおりです。
●開催日時     6月16日(木) 19:00(集合場所からの出発時間)〜20:30
●秘密の生息地  横浜新治市民の森 (木下さんはこの近くで菜園をやっています。菜園のHPはこちら
●集合場所     横浜市立新治小学校付近  グーグルマップはこちら
             駐車スペースが限られているので、なるべく乗りあってお越しください。   
●持ち物       懐中電灯
●その他       事前の申込みは不要ですが19:00(時間厳守)までに集合場所においでください。小雨決行!


井戸掘り現場の畑で
蝶ちょが乱舞?してました。


★水事情。
(2011.056.02)
下の写真は5月中旬に恩田川を背にしていぶき野方面を撮ったものです。水を張った田んぼは美しく、緑豊かな田園の象徴のようです。
しかし、この水はどこから来ているのかご存知ですか?
水は川からではなく、ここから400m上流側(右方向)に掘った井戸から送られてきます。これから秋の収穫まで水田に必要な水を全部足すと1.5〜2mにもなるそうです。水田に降る雨以外は地下水でまかなっているのです。一昨年この井戸から100mほど離れた畑に頼まれて井戸を掘りました。春先に完成した時の井戸の水位は地面から6m下でした。ところが田んぼに給水するようになると、水位は22m。なんと15mも下がってしまいました。
地下水を使っている水田のお米は味が良く、川の水を引いている水田より値段も高いそうです。でもこれだけの水を毎年汲みあげていて大丈夫なのでしょうか。緑区の他の水田では地盤沈下が起きて、その修復工事に何千万円もかかったそうです。都筑区池辺町第一の灌漑用水も昨年夏には断水することがありました。空気と水は無限ではないようです。?


★池辺のカラスにご用心。
(2011.05.28)
都筑区池辺町第一ではカラスの食害が他の菜園より多いみたいです。グリーンピース、ソラマメ、キュウリ、イチゴなどなど軒並みやられています。菜園中央の区画ではソラマメやられ、通路一面に空になった莢が敷き詰めたように散らばっていました。
対策としてハリス(釣り糸)を張りますが、この位では不十分みたいです。防鳥ネットをしっかりかけた方が良いようです。ネットは幅1.8m長さ18mのもので300円ほど。被害に泣く前にやっておきましょう。
カラスは野菜の苗を引き抜くなどの悪さもします(これを畑の誰々さんがやったのではと疑った方もいました)。困ったものですネ。カラスによる食害は年間4万トンもあるそうです。こちら


★イカを獲らずに船撮った?
(2011.05.20)
久し振りに沖釣りに行きました。観音崎近くの鴨居大室港からムギイカ狙いで出船しました。ポイントは東京湾フェリーの航路の少し南の深さ80mのあたり。前日の釣果はトップで70杯、自分の腕なら30は確実と思い仲間も誘わず抜け駆けをしました。結果は17杯、船中は5〜29杯でした。

この辺りは東京湾の入口で大きな船が行き交う場所です。釣だけでなく船を見るのも楽しみの一つです(負け惜しみ)。防水のデジカメで撮ってきました。ここで見れる大型船は@タンカーAコンテナ船B自動車運搬船、運が良ければ航空母艦です。当日は地震の影響か、自動車運搬船が見られませんでした。船のことは良く分かりません。間違いがあればご指摘ください。
東京湾に入ってくる大型船の情報はこちら

大島航路のジェットフォルム
時速80kmで疾走!!
多分自動車運搬船のチビ タンカー
満載だと喫水が下がっている
わかりません
自衛隊の艦船
甲板にヘリコプター
コンテナ船 大型のコンテナ船、何個積んでいるか分かります?
デッキ(後方の白い部分)から
前方は良く見えない
タンカー 自衛艦?
軍艦て窓がないんですね
荷物の少ないコンテナ船
大型タンカー
これでも全長200m以上
身軽なタンカー
喫水線が上に出ている
私は誰でしょう? 米国の艦船
星条旗が見えます
多分フェリー
前後に車用の橋が
まだ生きています
半分は沖漬けになりました


★ハナハク(8789)が盗まれました!!!
(2011.05.08)
ドミタスのトラックが盗まれました。青葉区しらとり台の倉庫前に駐車してあったトラックが7日朝になくなっていました。零細企業の貴重な経営資産が何処へ?7日夕方警察へ届けました。久し振りに満タンにしたのがあだにか。地震以来2件目の盗難です。見かけたら110番ネガイマス。
車種:トヨタ製トラック、色は白、後輪がWタイヤ、積載量1250kg
ナンバー:横400 ぬ 8789



★池辺第一の皆さん、安くていい苗があります!
(2011.04.30)
菜園から西に200mの所にイチゴの温室があります。この農家さんが自分用に育てた夏野菜の苗を分けてくれます。10cmのポットに入って150円。草丈30cm近い立派な苗です。まだ各種200本以上残っているようです。のぞいてみてください。
イチゴ園のHPはこちら



★今年は『早生タマネギ』に挑戦しませんか。
(2011.04.21)
例年より遅れていますが、早生タマネギが収穫できるようになりました。普通のタマネギより2か月以上早く収穫できますが、ホームセンターや種苗店では早生の苗は売っていません。種類はホームタマネギの商品名で売っているのと同じで、『超極早生(早生より早いのが極早生、それより早いから超がついています)』です。この種を9月の第1週に播くだけでOKです。苗を植える時期も普通のと同じで、寒くなったらビニールトンネルをかけてやります。年によっては3月初めから収穫できます。
4月20日撮影


★『緑区長津田駅南第一』の第二期分募集開始します。
(2011.04.19)
昨年2月に整備作業を始めた『緑区長津田駅南第一』の作業が完了しました。第一期19区画、第二期18区画の合計37区画となります。ドミタス・ファームにはウグイスの鳴き声が聞こえる所も多くありますが、多分ここが一番です。本日撮った写真をどうぞ。
ストーブも付いた休憩所 17番前から休憩所方向 21番前から東方向 第二方向(左手奥)


この菜園には苦労させられました。その顛末を書いてみます。

@深さ100m
初めは井戸掘り。標高約60mくらいなので50m前後で水が出るとの予想に反し、100m近く掘る羽目に。おまけに、地下40m付近を掘削中にボーリングマシンが故障し1週間作業が中断。3月中旬には完成し、水量も充分でした。やれやれ。。。
2月初めに電気の引き込みを申請しましたが、電気が引けたのが5月中旬。これも時間がかかりました。
北風がびゅーびゅー、寒かった この瞬間がたまらない
10m以上吹き上がります

A水が引かない
あとは休憩所を建て、区画割をするだけと思っていたら、大雨の日が続きました。畑に降った雨が水溜りになってしまい、数日経っても水が引きません(田んぼ状態)。これでは野菜は作れません!排水対策が最優先。この菜園は道路を挟んで2つの畑があります。先ず、小さい方の畑は自社で溝を掘り、配水管敷き砂利を被せ埋め戻ししました(暗渠)。この距離ざっと40mほど。
次に休憩所のある方の畑は道路と同じレベルなので前と同じ方法はできません。そこで新たに土を他所から持ってきて畑を高くすることにしました。休憩所の部分を除いて1m程盛土をしました。土の量は大型ダンプで150台以上。排水の心配もあるので、小さい畑と同じく暗渠を作りました。
穴だらけのパイプ パイプを砕石で覆う 大型パワーショベル登場 小型での整地作業

B草に負ける
第一から南に300m程の場所に第二の候補地があります。こちらの管理も任せれているので、開園するまでの間サツマイモを栽培することにしました。全体で3,000uあり、その半分に2,000本の苗を植えました。40mほどの畝が15本。畝にマルチをするか迷いましたが、手間を惜しんで取りやめ。これが失敗の元。
植えて2週間くらい経って畑に行くと、サツマイモの姿が見当たりません。一面イネ科の雑草が覆っています。サツマイモの蔓が伸びる前に、雑草のトンネルが完成しちゃいました。草取りをした畝以外は親指あるいはキュウリのサイズのかわいい芋ばかり。

植えた時は雑草1本なく。。。 第一の休憩所を見る(中央)
菜園を整備する作業はどこでも簡単ではありませんが、ここでは沢山勉強させられました。


★ガソリンの補給について。
(2011.03.25)
ガソリンの手当てが可能となりました。週末までには補給を完了する予定です。
若葉台第一では、鍵を壊されタンクを盗まれました。交番に被害届を出しましたが、おまわりさんは手元の紙にメモするだけでした。



★停電エリア検索システム。
(2011.03.18)
計画停電のエリア、時間を検索できます。
こちらから


★耕運機用のガソリンについて。
(2011.03.18)
耕運機用のガソリンについては3月初めに巡回して補給しました。現時点でタンク(携行缶)が空になっている菜園もあるようですが、ご存知のとおりガソリンが入手できず補給できません。しばらくお待ちください。


★臨時休業のお知らせ
(2011.03.01)
誠に勝手ながら次ぎの期間、臨時休業させていただきます。
   3月4日(金)から3月12日(土)